お知らせ。

なかなか書きに来られませんでした。。

いきなり・・・

6月1日、京都で「歩くパネル展」です。

以下、「らび男のブログ」さんより、転載です。

http://ameblo.jp/ohachin3838/entry-11824369029.html




  京都で初めてのイベントです♫





生体販売と動物実験をなくしたい!

 動物達をたすけようウォーク・京都




京都の街を、パネルを身に着け、みんなでワイワイ喋りながら

観光地を歩くパネル展です。





生体販売(ペットショップ)の裏で、沢山の動物達が苦しんでる事、

知ってますか?

私達が何げに使ってる洗剤やコスメに、どれだけの動物が犠牲に

なってるのか知ってますか?

知って欲しい。

気づいて欲しい。

啓発する事で、救われる命があります。

動物達の声になろうよ!







*日程:6月1日(日)


*集合場所:阪急烏丸駅


*集合時間:13:30~(時間厳守でお願いします)


*終了時間15:00を予定しています。(時間変更あり)


*京都の商店街や八坂神社、祇園を巡る歩くパネル展です。(内容変更あり)

 (観光ではありませんので、御理解いただけますようにお願いします)


*終了後、ファミレス等で参加者の皆さんと交流会をしますので

 お気軽にご参加ください。





【注意事項とお願い】





*ウオーク中、写真や動画を撮影する場合がありますので

 顔だしNGの方はサングラス、帽子、マスクの用意をお願いします。

*混雑する場所のウオークですので、安全上

 小さい子供さんの参加はお断りしております。


*上半身にA3サイズのパネルを前後ろに付けます。

 トレーナー、シャツ、カーディガン等、トップスの色だけを

 黒に統一しますのでご協力お願いします。

 お持ちでない場合は、出来るだけ黒っぽい服装でお越しください。


*当日のパネルは全員同じパネルを予定しております。

 HPから簡単にダウンロードできますので、

 自作で参加出来る方は、御協力お願いします。

 こちらでも、用意できますので、参加連絡の際お知らせください。

 ただ今、ダウンロード画像準備中です。


*内容変更等、随時更新します。




*主催:アニマルライツ京都




*参加連絡はこちら、アメブロDMか

 ツイッター↓

https://twitter.com/rabioropuo (ママン)まで。

沢山の方の参加連絡お待ちしてます!


****転載以上****


「A3パネル」を背中と胸につけて、京都の観光地を歩きます。
「サンドイッチマン」って、わかりますか?そんな感じです。
パネルは「指定のもの」のみで、PDFファイルがダウンロードできます。
訴求テーマは「生体販売反対」と「動物実験反対」です。

パネル画像のダウンロードのリンクを用意して下さっています。

「生体販売」が1種類、「動物実験」が2種類です。

「生体販売反対」のパネル画像は・・・

http://yahoo.jp/box/Qabzay

「動物実験反対」のパネル画像 その1は・・・

http://yahoo.jp/box/J6EdTY

「動物実験反対」のパネル画像 その2は・・・

http://yahoo.jp/box/VbHvef

以上のリンクからダウンロードできます。

「おうちにプリンターがないわ」って方は、「USBメモリー」に「ドラッグアンドドロップ」でデータを移し、
コンビニのマルチコピー機で「ネットプリント」からコピーできます。
「A3サイズ」でカラーコピーして下さいね。

私も、「初チャレンジ」してみました。

「出来ないよ~!!」なんて、泣きそうになっていたわりにはきちんと出来ましたよ。
Bm8Xhv7CcAA0esw.jpg

キカイオンチの私でも大丈夫です。
「ドラッグアンドドロップ」で検索すると、詳しく説明しているサイトさんがありますので、参考にしてみて下さいね。

BnaKtYECIAEDyZd.jpg

こんな悲しいことをなくしていくために・・・

「動物たちの声」になりましょう。

参加者募集中です。
参加連絡は・・・@rabioropuo ママンさんのTwitterアカウントにリプしてくださいね。
(ブログは「アメーバ会員のみ」がコメントできる設定です)


さぁ、ラミネートしたし、「次のステップ」です。
そろそろ、続きをしなくっちゃ!

6月1日、京都でお会いしましょうね。


ごめんなさい・・・リンク貼ったつもりが、タグの生成が出来ていませんでした。
ブログ記事URL

http://ameblo.jp/ohachin3838/entry-11824369029.html


生体販売反対」のパネル画像


動物実験反対パネル

動物実験反対パネル







動物園に「愛」は存在しない。「命の大切さを学ぶ場」でも「癒しの場」でもないという事実

何度も同じ事を言うようですが、私が「アニマルライツ」を知るきっかけになったのは、「毛皮」でした。
過去記事にもかいていますが、
「ペットのことをネットで調べているうちに、動物たちがおかれている現状を知った」
という経緯があります。

毛皮問題だけでなく、動物実験、肉食の問題、娯楽や伝統行事の名のもとに行われる動物利用、イルカ猟、ハンティング、象牙・・・

ほんとうに、たくさんのことを知って、衝撃を受けました。

そして、今も・・・

「楽しい」と普通なら感じることをしていても、心底「楽しい」とは思えない自分がいます。
例えば、今日は寒いな・・・っていうときも、気になるのは「外飼いの犬猫」だったり、
化粧品ひとつをとってみても、「製品化されるにあたっての動物実験」に視点が行ったり・・・

スーパーの食品売り場の「精肉コーナー」は、「死体置き場」にしか見えなくなりました。

いつだったかは、洋服売り場で、リアルファーのマフラーを見つけ、
「ごめんなさい・・・」
って、撫でてる自分がいました。

Twitterで、活動家さんたちが、自身のブログや、いろんなサイトのリンクをツイートに載せて、発信して下さっています。
勿論、「悲しい画像」もタイムラインに流れてきます。

先日、その「画像」の扱いについて、「反対意見」も見受けられましたが、私は、いつも、「百聞は一見に如かず」だと思って見ています。
確かに、衝撃は受けます。
でも、もっと「衝撃的」なのは、「グロ画像」と言われることなんです。
被リンクはしませんが、「例の個性派女子のブログ」に「アニマルライツセンター」のリンクが外部リンクとして貼られていました。そこの「注意書き」ときたら、
「グロ注意」

あり得ない、と思いました。
「閲覧注意」とかならまだしも・・・

お願いです。
「グロ画像」「リンク先グロ注意」などという言葉を使うのは、やめて下さい。
画像やサイトの記事の動物たちが可哀想すぎます。

「閲覧注意」「リンク先画像閲覧注意」「悲しい画像があります」などにして下さい。
再度、お願いします。

なんだか、逸れてしまいました。。

「アニマルライツ」について、活動家さんたちの「発信」を読ませていただき、「知らないこと」が、ほんとうにたくさん、「知らなければならないこと」だと感じましたし、「知る事ができてよかった」と思っています。
本当に、いつもありがとうございます・・・

人間という生き物は、「残酷な発想」については、「一級品」ですね・・・

そのひとつが、「動物園」だと思います。

「動物問題」を知るまでは、
「動物園の何がそんなにいけないの?」って思っていました。

「希少動物の保護をしている」とか、「子供たちへの教育」だとか、
私も「愚か者時代」は、信じて疑わなかったし、
「すべての動物たちは、愛情飼育をされている」なんて、本気で思っていました。

しかし、「知れば知るほど」それらは「大嘘」だとわかりました。

以下、リンクを貼りますね。
とても丁寧に、かつ詳細に記事にして下さっています。


「苦しみ続ける動物たちのために。さっち~のブログ」さんより。

『動物虐待の宝庫。「動物園がいらない理由」余っているから殺される。首を吊ったライオン。ふれあった動物は餌になる』
http://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-1419.html

この記事を読んで、ますます人間は「一級品」だと思いました。

デンマークの動物園が、キリンを殺して観客に解体の工程を見せて、肉食獣の餌にした話、
「生かす道」もあったのに、結果、殺して「見せ物」として解体して・・・

実は、この話、ウチのオカンにもしたんです。
オカンは怒りました。
「そんなこと、動物園がやることじゃないっ!」

まぁ、オカンには、いまいち「動物園反対」の理由がわかっていない部分もあるんですが、そのオカンですら、怒りをあらわにしたんです、本当に「あり得ない」です。
(いずれ、オカンには、もっときちんと「動物園反対」の理由を伝えていこうとは思っています。あくまで本人が「拒否反応」を出さないレベルにはなりますが・・・)

そして・・・「一級品」どころか、「特級品」やな、と思ったことが・・・

「ふれあい動物」って、「殺される」という事実。

これは知らなかった。
「ふれあい専用」で飼育されている、と思っていました。
多分、大多数の人が、私が思い込んでいたと同じように思っているとおもいます。
だから、ふれあい動物の「行く末」なんて、無関心というより「無知」だと思います。

私も過去に、以前勤務していた会社の社員旅行で、動物園に行ったことがあり、「お約束」のようにふれあい動物とふれあった経験があります。
あの時、ふれあった動物たちは・・・と考えると、胸が痛くなります。

それに、すべてではないけれど、子供って、動物が嫌がってても、かなり無理やり障りますよね。
これって、動物たちにとって、かなりのストレスだと思うんです。
ストレスをかけられるだけかけられて、「行く末」が「殺されて餌になる」だなんて・・・

動物園は、「命の大切さを学ぶ場」ではないってこと。

今はどうだかわかりませんが、たいてい、幼稚園や小学校低学年の遠足コースに「動物園行き」は組まれています。
私の子供時代もそうでした。
先日、身辺の整理で、幼少時代の写真を発見したんですが、しっかり「動物園で記念撮影」の写真が出てきましたから。

「子供を動物園に連れて行く理由」が「動物のことを学ばせるため」だとしたら、それも「間違っている」ってこと。
そもそも、「不自然」です。
檻に閉じ込められた動物たちを見て、生態なんてわかりますか?

テレビで、「飼育員のお仕事に密着」みたいな番組をやってることがたまにありますよね。
なんか、「多大な愛情」をもって接している、みたいな構成ですよね。
特に日本人は「テレビの情報がすべて真実」なところが強くて、みんな「信じ込まされて」いるんですよ。

勿論、すべての動物園が「悪い」とか「良い」とかではなくて、

『動物園そのものの存在が不要』

であると、私は思います。

私の「いつものセリフ」ですが、「もしも、自分がされたら、なんと思うか?」

住み慣れた土地を強制的に出され、家族といきなり、意志とは逆に引き離されたら・・・
昨日まで、自由に平原を駆け回っていたのに、いきなり檻に監禁されたら・・・
そっとしておいてほしいのに、ムリに見せ物にされたら・・・
そして、
触られたくないのに、むりに触られて、ストレスをかけられるだけかけられて、最後は殺される、という運命が与えられたら・・・
「お前は余りものだから、生きてもらってては困る」と、死を与えられたら・・・


お願いです。
動物園に行かないで下さい。
あなたが入場料を払うことが「虐待への加担」になってしまう事実に目を向けて下さい。
動物園側も、「珍しい動物を入れれば利益が上がる」となって、また「犠牲」が増えてしまいます。

檻の中の動物は「ほんとうの姿」ではないのです。
メディアの嘘に、企業の利益に踊らされないで、「視点」を少しづつでもいいので変えて下さい。


私は、もう二度と動物園には行きません。
「監禁」という名の虐待に、これ以上加担したくありませんので・・・

動物園は、「命の大切さを学ぶ場」でもなければ、「癒しの場」なんかではないのです。

活動参加報告 毛皮反対ナンジャーパレード@京都

更新遅くなりました。お久しぶりのブログです。

12月15日、京都で「毛皮反対ナンジャーパレード」が開催されました。
「初の試み」となった今回のパレードに、私も参加させていただきました。
「私なりの視点」でレポートをさせていただきます。

12月に入り、すっかり寒くなりました。この時期の「残念なこと」、それは「リアルファー」、つまり「毛皮」を身につけている人たちが街にたくさん存在する事実。
「リアルファーは暴力の証」、各地でデモ行進やパネル展が行われていますが、今回のパレード、インパクト大で子供たちにも好印象な「戦隊もの」で、関心をもってもらいやすい活動だったのでは?と思います。


毛皮にされる動物たちを救うため、動物解放星から地球にやってきた「毛皮反対ナンジャー」
毛皮大好きだったショッカー君もナンジャーたちに命の大切さを教えられ猛反省、今日はナンジャーたちと一緒に毛皮反対を呼びかけます・・という設定です。

写真 2
関東から、めー子さんも駆けつけて下さり、御射山公園でみんな「ヒーロー」に変身中です。
ショッカー君にうさ耳、というのもなんだか別の意味で可愛い。。
写真 3
ノボリも、「毛皮反対ナンジャー仕様」、カラフルで訴求力ばっちり。
これは目立つね。さっち~さんのセンスの良さには、毎度感心です。
ノボリの組み立てで、なぜか前回と同じくたまちゃんが悩んでる。。

「あれ?これ、どうだっけ?」

んで、私がお節介。。
ガソリンスタンドやホームセンターのお仕事経験多数の私はこういうの、わりと得意。
欲を言えば、もうちょっとテキパキできるといいのにね。。

写真 4
カラフルなノボリは、なんと、ナンジャーたちのカラーに合わせてるのだ!
ちゃんと「ショッカー君用」もありますよ。

「恋するフォーチュンクッキー」の動画撮りもしました。
振付の練習を全くやってなかった私は、「ショッカーバージョン」で「ノボリ係」

何度も撮って、あとはvivianさんが編集して下さるとのこと。
うーん、出来上がりが楽しみ。

そうそう、vivianさんも、めー子さんも、ステキな女性で惚れてしまいそうになるおっさんな私w
マスクをかぶるの、もったいない~!

バタバタ~と準備やらを済ませ、警察のかたも来られ、パレードのスタートです。

コスプレ大好きな私も、全身タイツなショッカー君は人生初。

「恥ずかしい。。」

なんて思ったけど、よく考えたら「誰だかわからない」

四条通にでた瞬間、ふっきれていました。

「うさ耳ショッカー君」二人組が横断幕を持ち、パレードの先頭だったんだけど、お二人はデモにも慣れてるんだね、手をあげて楽しそうな雰囲気をうまく出しています。

通行人の視線が突き刺さる。。

(ごめんなさい。。途中の画像、撮影できなくて。。)

トラメガから流しているナレーションに合わせて、ショッカーポーズで「イーーーッ!!」

こういうのはね、「やったもん勝ち」なの、中途半端な恥じらいは、恥ずかしさが逆に増大するんです。
それに、マスクを被っているんだもん、誰だなんてわからない。
そして、私はネイティブじゃないゾ。

通行人の視線が逆に嬉しかったり、写真撮影されるのが楽しかったり。。

子供たち、外国人、高校生、
いろんな人が手を振ってくれたり、歓声をあげたり。。

なかなかいいね!

もちろん、しっかり声援には応えます。
前回のデモで、出来なかった「親指を上に向けるポーズ」を外国人に返したり。。

途中、小雨が降ってきた。

「動物たちの涙?」

パレード終盤、vivianさんが、四条通で毛皮を販売している商店一軒づつに「訴え」をして下さいました。
デモの雰囲気ががらりと変わります。

終点まで帰ってきたけど、場所がせまく、不便なので、御射山公園に移動することに。

途中、子供に「あっ!!」と指をさされ、今更のように「人間の姿」じゃないことに気づいたり。。

「あらーー、すんません・・デモをやってました。。おどかしてすんません。。」

急に恥ずかしくなって、走ろうとしたらパネルにつまずきそうになって笑うしかなかった。。

ロべルタショッカー、そそくさと退散。。

御射山公園。
記念撮影して、「人間」に戻る私たち。

写真 1
毛皮反対ナンジャー、ありがとう!!

shocker_20131118010234d64.jpg
良い子のみんなは毛皮反対!


帰り道、いつものようにTwitterを張りながら、帰ったんだけど、

「四条通に毛皮反対デモをしているショッカーがおる」

っていうのを見つけました。
反応はよかったのでは?と思います。

戦隊ものの行進だけど、持ってるパネルで「毛皮反対デモ」ってわかる、みたいな。。

少しは関心持ってもらえたかな?

こういうかたちの伝え方もなかなかいいですね。
主催者さっち~さん、ありがとうございました。
参加者の皆さん、おつかれさまでした。
10数人だったけど、存在感あって、何より楽しめる活動でした。

以上、稚拙ながら、ご報告いたします。

今年最後の動物愛護デモ行進予定まとめ

12月です。
早いものですね。

すっかり寒くなって、街には今年も「見たくないもの」であるリアルファーがあふれています。
10月の全国一斉毛皮反対デモにはたくさんの参加者が集まり、「毛皮反対は当たり前」になりつつあるんだ、と思いましたが、無知なのか、無関心なのか、まだまだリアルファーが多くて、残念な気持ちになります。

この時期、まだまだこれから発信をしていかなければ。。
冬はこれからです。

そこで、今年最後の動物愛護デモ行進予定、「私が知っている範囲」でUP致します。

コピペがうまく出来ないので、リンクを貼っておきます。
必ず「リンクを開いていただき、リンク元の指示に従って参加連絡等して下さる」ようにお願い致します。



12月15日
福岡毛皮反対デモ行進

ヒナさんのブログ
http://fairyteatime.blog.fc2.com/blog-entry-218.html
雨天延期
11時集合・・中央警察署入口交差点付近(大丸入口前)
11時15分・・デモ行進天神エリア(詳細は記事を参照してください)
15時・・解散

12月15日
毛皮反対ナンジャーパレード@京都

さっち~さんのブログ
http://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-1322.html
集合場所・・御射山公園(地下鉄烏丸駅、阪急烏丸駅より徒歩7分程度)
集合時間・・13時20分(最低でも、開始時間の10分前にはお越しください)
開始時間・・14時
終了予定・・16時30分
10月27日と同じルートです。
詳細は、記事を参照してください。

shocker_20131118010234d64.jpg
ショッカー君になっていただける方、募集中です。
もちろん、普通の人間の姿で参加して下さる方も募集中です。
毛皮反対ナンジャーと一緒に、苦しんでいる動物たちの解放を訴えよう!


12月19日(木)東京
どうぶつたちを守りたい・・第2回中国大使館前デモ

めー子さんのブログ


http://ameblo.jp/yayamin/entry-11689364812.html
12時開始予定、雨天決行
集合場所・・麻布税務署前(六本木ヒルズの裏のほう、最寄駅は六本木駅)
時間・・11時~11時30分
地図http://yahoo.jp/4MjxV4
注意・・大使館前には集合しないで下さい!
11時30分~11時50分・・シュプレヒコールの説明など(プリントを渡します)
12時~抗議デモ開始
13時30分終了
o0556031312768100391.jpg

12月21日
横浜毛皮反対デモ行進
アニマルライツセンターさん

http://www.no-fur.org/
集合場所・・山下公園内(マリンタワー前)
*詳細決まり次第、UP

12月22日
神戸毛皮反対デモ行進

vivianさんのブログ
http://ameblo.jp/vivihappieta/entry-11659862063.html
日程・・2013年12月22日(日)、2014年1月26日(2月以降は未定)
時間・・15時集合(変更がある可能性あり)
15時30分出発~17時頃解散
集合場所・・神戸三宮、花時計前(神戸市役所のすぐ近く)

12月23日(祝、月)京都
犬猫の殺処分を許さない@京都デモ

さっち~さんのブログ。
http://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-1333.html
集合場所・・御射山公園(地下鉄烏丸駅、阪急烏丸駅より徒歩7分程度)
時間・・13時20分(最低でも、開始の10分前にはお越しください)
出発・・14時、16時30分終了予定
約2時間30分のデモ行進です。
殺処分される動物たちには、クリスマスはありません。クリスマスコスプレはお控えください。

o0800055412768079233.jpg

活動参加報告 10月27日全国一斉毛皮反対デモ行進@京都

更新が遅くなりました。
なかなかまとめられなくて、レポートが今になります事、ご容赦下さい。

10月27日、全国一斉毛皮反対デモ行進が8都市で開催されました。
東京のデモには300人を越える人達が参加された、との事で、「毛皮反対は当然の事」と認識されてきたのかな、と思っています。

去年のちょうど今頃の事でした。

ペットのケアについてWebで調べものをしていた私は、「動物への虐待」に言及しているリンクを見つけ、幾つか検索に上がってきた中のひとつを開いたところ、それは「毛皮の作られ方」に言及したものでした。
そこには「アニマルライツセンター」のリンクが貼られており、恐る恐る聞いてみると、あの、タヌキが檻から出されて殴られて生きたまま毛皮を剥がされる動画がありました。


勇気を持って再生しました。

とても正視に堪えない場面で、数日間、ろくに口を聞けなかったのを覚えています。それが、私が「毛皮の真実」を知ったきっかけでした。

そのサイトで、「毛皮反対デモ」が各地で行なわれている事を知り、いつか活動に参加したいと思っていました。

そして、今年。

10月27日に全国一斉毛皮反対デモがある、というのを知り、関西地区での開催もあるという事で、どこで参加しようか、と考えていたところ、京都で開催される事が決定し、主催者の方に参加連絡を入れたのです。

平日、それも交替制適応外の私は、いつもパネル展すら参加が難しい状況でした。

でも、交渉して、「前日準備」をして、参加させていただくことになりました。

10月22日には、ちょうどの平日休みを利用して、「予告活動」にも参加させていただきました。

「毛皮反対の声を上げたい。動物達を守りたい」

無力な私ですが、デモを盛り上げたい気持ちと、そして何よりも「無関心」を人々の心から消し去りたい気持ちで、私なりに「声を上げて」きました。

編集能力ゼロのこの記事では、「真意」は伝わらないかもしれませんが、「私の視点からのレポート」をさせていただきます。


多忙な毎日に追われ、デモグッズの用意もろくにしていなかったのですが、何とか前日にプラカードを作り、持参することに。

パソコンを持っていない私は、Webから画像をもらって…というのが出来ない為、家にあった犬の写真をカラーコピーして手書きでシャーリーズ・セロンさんの言葉を書いて「急ごしらえ」

更に、デモに参加するための衣装も、着ぐるみは持っていないので、「京都らしさ」を出すために、コチラを用意。
よく、和食のお店のかたが着用されている、簡単に着られる着物。
「よし!これでOK!」
だなんて、自分だけの納得なんですけどね…

京都入りは割に余裕を持ってしたつもりでしたが、途中で道に迷ってしまい、関西弁と標準語の混じりでブツブツ言いながら「最後の砦」交番へ。

本当、私の方向音痴は半端ないです。
ちょっと「聞いたことがない場所」を見つけるのが下手くそすぎて笑えてきます。

おまわりさんに親切に教えてもらって、集合場所に無事到着。

もう、既に参加される活動家さん達が集まっておられました。
初めて出会う人達ばかり…
変な緊張しまくり、またまた笑えてくる私の生態…

挨拶を交わし、準備を手伝います。

パネルを繋げてポールに結び、道行く人々にアピールします。

ポールが入ってた長い箱に、ラミネートした画像を付けて「簡易パネル」
ノボリは主催者さっち~さんのブログで見た、「アレ」です。

「男前」さんのハッピ、可愛いです。
これだけ沢山のデモグッズ、準備には相当の手間や費用がかかってるんだろうな…と「そっちかい‼︎」って言われそうな感心をする私。


みんな、被り物で可愛く変身します。
あの、でっかい拡声器は「トラメガ」ってやつね。シュプレヒ隊の必需品…

こういうイベントに参加するのは初めてな私は「珍しいもん好き」な性格も手伝い、「感心」しまくり(笑)



準備完了。
警察のかたも来られ、いよいよデモ行進スタートです。

ウサ子とウサ男が横断幕を持ち、デモを先導します。
(行進中、両手が塞がっていた為、画像ありません。ゴメンなさい…)
そのすぐ後ろにシュプレヒ隊、動物解放星のヒーローがトラメガを持ち、さっち~さんのパワフルなコールが響きます。

その後ろをノボリを担いで私が歩きます。持参したプラカードは、紐を付けて背中に下げてもらいました。

四条通に出ます。

ドキドキ…

どうしよう…声、出るかな?

心配してたけど、「吹っ切れて」いました。

「こんなに思い切り声を出すの、何ヶ月ぶり?」ってぐらい、何の抵抗もなく声が出ました。

歩道の人達の注目が、一気にこちらに注がれます。
カメラや携帯で写真を撮っています。
外国人観光客も親指を上に向けるポーズをしてくれます。
私もポーズを返したかったけど、両手が塞がって出来ず、ちょっと残念だった件。

「毛皮の存在に精神的苦痛を受けてる人がいます。毛皮は動物達だけでなく、人間も苦しめています。」

このコールを聴いて、(ゴメンなさい。余計な事を書いてしまったかな…)
私はふっと、チコちゃんの事を思い出した。リンクは貼りませんが、さっち~さんのブログの記事にあります、

チコちゃんは、オシャレが大好きで、自分でデザイン画を描いたり、買ってきた服をリメイクしたり…デザイン画には「ファー付きの服」も…

ある時、チコちゃんは、さっち~さんを通して毛皮の真実を知る…

自分の大好きなオシャレの為に「命の犠牲」があるなんて…

悩んだと思う。これを書いてる私は、メンタルの病気の経験があるんだけれど、本当に「重苦しい衝撃」って言うのかな、本当に「生きていてゴメンなさい」というか、うまく表現できないけど…

動物達の声になる…!

そして、「チコちゃんの声」にもなっているんだ…

そんな事を時々感じながら、私は彼女の後ろを歩いた。

頑張るよ~!私も「声」になるからね!


途中、リアルファー付きの服や、ファーの小物を身に着けた人を見た。

ここぞ!とばかりに渾身の力を込めて叫ぶ…!

拡声器を持っていなかったので、全て地声。だから、後半に差し掛かる頃には声が割れてしまった。

歩道の人達の反応は、あからさまに嫌な顔をする人もいなかったのでは?という印象。

とにかく、スマホやカメラで写真を撮ってる。

デモの先導をするウサギさん達は大人気。子供にも喜ばれていた模様。
やっぱり、アニマルコスプレは親近感が湧いて好印象のよう。

ロングコースで、相当歩いているわけだけど、それも感じないぐらいにデモに集中できました。

外国人観光客の女性と、四条大橋で目が合ったので、
Against fur trading!!
(毛皮に反対!)
…と、下手くそ英語で叫んだ私。
次回はプラカードの言語、英語も必要かな?と…



去年、毛皮反対デモの事をTwitterで見たときは、「反応が良くない」というツイートも見受けられたように思います。

グロ画像を見せるな。
毛皮反対とかやってる人って肉は食べるんやろ?
デモの打ち上げは焼肉やったら笑う。お疲れ様でした~とか言って。

こんなのが多かったと…

行進中は、Twitterを張る事は出来なかったけど、帰り道にリツイートを沢山みました。

何処の地域も反応が良かったみたいな印象を受けました。
それだけ「毛皮反対は当然」という流れになってきている、ということなのでしょう。

たまちゃんに聞いた話ですが、
デモを見た若い男子何人かが、「毛皮反対~!」って言ってくれて、「頑張って~!」って励ましてくれたそう。

どうせなら、一緒に歩いてくれればよかったのに。


約2時間半かけて、解散場所まで来たけれど、その時にやっと、「脚パンパン」に気付くほど、集中できました。

なんやら、「妨害予告」があったらしいですが、何事もなく、天気にも恵まれて良かったです。

京都の参加者は40人。

動物達の為にありがとうございます。

そして、主催者さっち~さん、写真を撮ってチラシ配りをして下さった、アニマルライツセンター理事さん、

お疲れ様でした。

ありがとうございます。


稚拙なブログを読んでくださり、ありがとうございます。
プロフィール

Author:西村ロベルタ
毛皮、動物実験、娯楽の為の動物利用、殺処分など、この世は関心を持たなければ分からない事がたくさんあります。「いつもの視点」を少し変えてみて下さい。
菜食主義者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
PR
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR