活動参加報告 10月27日全国一斉毛皮反対デモ行進@京都

更新が遅くなりました。
なかなかまとめられなくて、レポートが今になります事、ご容赦下さい。

10月27日、全国一斉毛皮反対デモ行進が8都市で開催されました。
東京のデモには300人を越える人達が参加された、との事で、「毛皮反対は当然の事」と認識されてきたのかな、と思っています。

去年のちょうど今頃の事でした。

ペットのケアについてWebで調べものをしていた私は、「動物への虐待」に言及しているリンクを見つけ、幾つか検索に上がってきた中のひとつを開いたところ、それは「毛皮の作られ方」に言及したものでした。
そこには「アニマルライツセンター」のリンクが貼られており、恐る恐る聞いてみると、あの、タヌキが檻から出されて殴られて生きたまま毛皮を剥がされる動画がありました。


勇気を持って再生しました。

とても正視に堪えない場面で、数日間、ろくに口を聞けなかったのを覚えています。それが、私が「毛皮の真実」を知ったきっかけでした。

そのサイトで、「毛皮反対デモ」が各地で行なわれている事を知り、いつか活動に参加したいと思っていました。

そして、今年。

10月27日に全国一斉毛皮反対デモがある、というのを知り、関西地区での開催もあるという事で、どこで参加しようか、と考えていたところ、京都で開催される事が決定し、主催者の方に参加連絡を入れたのです。

平日、それも交替制適応外の私は、いつもパネル展すら参加が難しい状況でした。

でも、交渉して、「前日準備」をして、参加させていただくことになりました。

10月22日には、ちょうどの平日休みを利用して、「予告活動」にも参加させていただきました。

「毛皮反対の声を上げたい。動物達を守りたい」

無力な私ですが、デモを盛り上げたい気持ちと、そして何よりも「無関心」を人々の心から消し去りたい気持ちで、私なりに「声を上げて」きました。

編集能力ゼロのこの記事では、「真意」は伝わらないかもしれませんが、「私の視点からのレポート」をさせていただきます。


多忙な毎日に追われ、デモグッズの用意もろくにしていなかったのですが、何とか前日にプラカードを作り、持参することに。

パソコンを持っていない私は、Webから画像をもらって…というのが出来ない為、家にあった犬の写真をカラーコピーして手書きでシャーリーズ・セロンさんの言葉を書いて「急ごしらえ」

更に、デモに参加するための衣装も、着ぐるみは持っていないので、「京都らしさ」を出すために、コチラを用意。
よく、和食のお店のかたが着用されている、簡単に着られる着物。
「よし!これでOK!」
だなんて、自分だけの納得なんですけどね…

京都入りは割に余裕を持ってしたつもりでしたが、途中で道に迷ってしまい、関西弁と標準語の混じりでブツブツ言いながら「最後の砦」交番へ。

本当、私の方向音痴は半端ないです。
ちょっと「聞いたことがない場所」を見つけるのが下手くそすぎて笑えてきます。

おまわりさんに親切に教えてもらって、集合場所に無事到着。

もう、既に参加される活動家さん達が集まっておられました。
初めて出会う人達ばかり…
変な緊張しまくり、またまた笑えてくる私の生態…

挨拶を交わし、準備を手伝います。

パネルを繋げてポールに結び、道行く人々にアピールします。

ポールが入ってた長い箱に、ラミネートした画像を付けて「簡易パネル」
ノボリは主催者さっち~さんのブログで見た、「アレ」です。

「男前」さんのハッピ、可愛いです。
これだけ沢山のデモグッズ、準備には相当の手間や費用がかかってるんだろうな…と「そっちかい‼︎」って言われそうな感心をする私。


みんな、被り物で可愛く変身します。
あの、でっかい拡声器は「トラメガ」ってやつね。シュプレヒ隊の必需品…

こういうイベントに参加するのは初めてな私は「珍しいもん好き」な性格も手伝い、「感心」しまくり(笑)



準備完了。
警察のかたも来られ、いよいよデモ行進スタートです。

ウサ子とウサ男が横断幕を持ち、デモを先導します。
(行進中、両手が塞がっていた為、画像ありません。ゴメンなさい…)
そのすぐ後ろにシュプレヒ隊、動物解放星のヒーローがトラメガを持ち、さっち~さんのパワフルなコールが響きます。

その後ろをノボリを担いで私が歩きます。持参したプラカードは、紐を付けて背中に下げてもらいました。

四条通に出ます。

ドキドキ…

どうしよう…声、出るかな?

心配してたけど、「吹っ切れて」いました。

「こんなに思い切り声を出すの、何ヶ月ぶり?」ってぐらい、何の抵抗もなく声が出ました。

歩道の人達の注目が、一気にこちらに注がれます。
カメラや携帯で写真を撮っています。
外国人観光客も親指を上に向けるポーズをしてくれます。
私もポーズを返したかったけど、両手が塞がって出来ず、ちょっと残念だった件。

「毛皮の存在に精神的苦痛を受けてる人がいます。毛皮は動物達だけでなく、人間も苦しめています。」

このコールを聴いて、(ゴメンなさい。余計な事を書いてしまったかな…)
私はふっと、チコちゃんの事を思い出した。リンクは貼りませんが、さっち~さんのブログの記事にあります、

チコちゃんは、オシャレが大好きで、自分でデザイン画を描いたり、買ってきた服をリメイクしたり…デザイン画には「ファー付きの服」も…

ある時、チコちゃんは、さっち~さんを通して毛皮の真実を知る…

自分の大好きなオシャレの為に「命の犠牲」があるなんて…

悩んだと思う。これを書いてる私は、メンタルの病気の経験があるんだけれど、本当に「重苦しい衝撃」って言うのかな、本当に「生きていてゴメンなさい」というか、うまく表現できないけど…

動物達の声になる…!

そして、「チコちゃんの声」にもなっているんだ…

そんな事を時々感じながら、私は彼女の後ろを歩いた。

頑張るよ~!私も「声」になるからね!


途中、リアルファー付きの服や、ファーの小物を身に着けた人を見た。

ここぞ!とばかりに渾身の力を込めて叫ぶ…!

拡声器を持っていなかったので、全て地声。だから、後半に差し掛かる頃には声が割れてしまった。

歩道の人達の反応は、あからさまに嫌な顔をする人もいなかったのでは?という印象。

とにかく、スマホやカメラで写真を撮ってる。

デモの先導をするウサギさん達は大人気。子供にも喜ばれていた模様。
やっぱり、アニマルコスプレは親近感が湧いて好印象のよう。

ロングコースで、相当歩いているわけだけど、それも感じないぐらいにデモに集中できました。

外国人観光客の女性と、四条大橋で目が合ったので、
Against fur trading!!
(毛皮に反対!)
…と、下手くそ英語で叫んだ私。
次回はプラカードの言語、英語も必要かな?と…



去年、毛皮反対デモの事をTwitterで見たときは、「反応が良くない」というツイートも見受けられたように思います。

グロ画像を見せるな。
毛皮反対とかやってる人って肉は食べるんやろ?
デモの打ち上げは焼肉やったら笑う。お疲れ様でした~とか言って。

こんなのが多かったと…

行進中は、Twitterを張る事は出来なかったけど、帰り道にリツイートを沢山みました。

何処の地域も反応が良かったみたいな印象を受けました。
それだけ「毛皮反対は当然」という流れになってきている、ということなのでしょう。

たまちゃんに聞いた話ですが、
デモを見た若い男子何人かが、「毛皮反対~!」って言ってくれて、「頑張って~!」って励ましてくれたそう。

どうせなら、一緒に歩いてくれればよかったのに。


約2時間半かけて、解散場所まで来たけれど、その時にやっと、「脚パンパン」に気付くほど、集中できました。

なんやら、「妨害予告」があったらしいですが、何事もなく、天気にも恵まれて良かったです。

京都の参加者は40人。

動物達の為にありがとうございます。

そして、主催者さっち~さん、写真を撮ってチラシ配りをして下さった、アニマルライツセンター理事さん、

お疲れ様でした。

ありがとうございます。


稚拙なブログを読んでくださり、ありがとうございます。

活動報告 全国毛皮反対デモ行進予告ミニパネル展@京都

10月27日、全国一斉毛皮反対デモ行進が行なわれます。
今回はその「予告活動」として、京都マルイ前にてミニパネル展とチラシ配りを行ないました。
主催はNO FUR滋賀、今回の京都デモの主催であるNO FUR京都のさっち~さんと共に、平日のマルイ前で道行く人達への呼びかけです。

ただでさえ、動作が鈍い私は、「早めに着いて、みんなを待ってたらいいわ」と思い、いざ京都に向かって移動し始めると、時間の読みが甘かったのか、けっこうギリギリに現地着。

先にママンさんとつんさんが「目的地」に到着しておられ、準備を始めていて焦ってバタバタ~と現地入りした私…
fc2blog_201310232253361a8.jpg



パネルの設置は殆ど終わっていて、「さぁ、これからチラシ配りや!」
ってなってるところにさっち~さんと合流。
以前より、彼女自身のブログの写真で顔は知っていたんだけど、実物はやっぱり写真よりも可愛い人だな、という印象。サラサラのロングヘアが素敵。

「はじめまして。ロベルタです~」

挨拶のとおり、初対面。
言葉も私とは違ってハキハキしてはる、見た目も「半分おっさん」な私とは大違い。

こんな可愛い人が、いつも動物達の声になって色んな活動されてて、あの「パワーブログ」書いてはるねんや…
すごい…

「頑張ります。どんくさいですけど、お願いします」

かなり「しどろもどろ」だった自分に笑えてきた件。

さすがは「活動家さん」です。持参したパネルをキャリーから降ろし、テキパキとセッティングして準備完了。
fc2blog_2013102323050752e.jpg



「うさ男」と「さっち~さんウサギ」
登場。

さっち~さんは「場数」を踏んでる分、オドオドした私とは違って次々とチラシを通行人に渡していく。
私はまた「いつもの癖」が出て、なかなか最初は思うように出来なかった。

「嫌われるよ…なんか、通行人のみなさんがコワイ…」

きれいに着飾った女性達も、関心事は「目先の自分の心地よさ」なのか、パネルを横目でチラリと見るだけで、まるで何事もなかったかのように通りすぎる。
緊張しすぎて、喉がカラカラになる私…
横目で仲間を見ると、みんなそれぞれ「チラシを受け取って」と頑張っている。
マコヒメさんも、なかなか「押し」が強い。

負けるな、自分!

途中、ふっと「何か」が吹っ切れたような気がした。

「お願いしまーす!」

明るい笑顔で元気よく。
すると、受け取り率が上昇してきた件。

ひとり、またひとり。

チラシを受け取ってもらえると、活気づく。ロベルタ、以前やってたクリスチャンの活動の時の感覚を取り戻して、道行く人達を捕まえるかのようにチラシを差し出す。
fc2blog_20131023231927d0c.jpg

途中、誇らしげにリアルファーの衿が付いた上着を着た女性を目撃。
ここぞとばかりに「思い」を込めてチラシを差し出す!
彼女は、他の「チラシ受け取り拒否組」よりも冷たい目線を私に返して足早に雑踏の中へと消えて行った。

この後、何度か、リアルファー着用者を見かけた。それぞれ「暴力の証」を身に纏い、「無関心のオーラ」を出して「自分の目の前」だけを見て「歩いて」いる。

自分の「欲望」の為に、動物達の命の犠牲がある事、多分、私達の活動を見て「示される」と、敢えてその「真実」から目をそらそうとするのだろう。「図星」だから。「痛いところを突かれた」と感じるのだろう。

リアルファーのマフラーを巻いた若い女性にチラシを差し出すと、一瞬ジロッと私を睨みつけ、プイと横を向いて拒否された。

「心が折れる」というよりも、逆に「可哀想な、残念な人」だと思った。
「自分の行為=リアルファー着用」が、本当は罪な事だと知らされた瞬間取った「防御反応」なのか…?

キリスト教徒の私は、常に「罪」を意識させられてきた。神の光が人の心の闇を照らす時、人は自分の「罪のけがれ」を見せまいとして、「拒否」の行動に出るのだという…
しかし、「己れの罪」を認める時はいずれやってくる。

神の光が照らし出す心の闇を、全てさらけ出し、「悔い改め」をする。
これをする為には、「自己否定」にも似たプロセスが存在する。自らの「罪」を認める時は、「自我の放棄」をする時でもある。

自分が「暴力への加担」をしている事を認めたくないのだろう。
しかし、認める日はいずれやってくる。
私自身がそうであったように。

神戸コレクションの活動、私は参加出来なかったけれど、来場者のひとりである若い女性が、アニマルライツのチラシを受け取り、リアルファーの真実を知り衝撃を受けた事を、Twitterと自身のブログで発信してくれた、というのがあったけれど、こういう人がひとりでも増えるように、「発信」は続けなければならない。


途中、休憩時間。

うっかりとバタバタで、食糧を忘れた私は、ママンさんのヴィーガンお弁当を少しご馳走に…
とても美味しくて、本当、創意工夫には毎度驚かされる。ステキなお母さんだね…

私の家の食卓も、徐々にだけど、ベジになってきてる。しかし、オカンはまだまだノンベジ、たまに魚介が出てくる。
でも、最初の頃は喧嘩してたから、それから比べると「進歩」ではあるけれど…

肉食廃止も毛皮反対も、「伝え続ける」事が大事です…

fc2blog_20131023235750579.jpg


さっち~さんと「クソジジイネタ」でストレス発散してたけれど、活動中も、「ジジイ」が罵詈雑言を言ってきた。

さっち~さんに、
「お前は肉食べるんか?」
と言ってきた。
「食べるのやめましたけど。」
「お前ら、クソや!しね!」
吐き捨てると去って行った…

多分、このジジイも、自らの「罪」を認めたくなかったのだろう。


夕刻、うさ男はウサ子に変身。

さすが、ウサ子は人気者。
女子高生に記念撮影されまくり。
fc2blog_20131024000526a03.jpg


ウサ子は「活動家」なの、
チラシをどうぞ!って「お願い」してるの。なのに受け取らない無関心な女子…あり得ない。

ウサ子のお願いを却下する、なんて。

途中、マコヒメさんが用事の為に帰る事に。チラシ100枚、配布して下さいました。すごい!さすが!

終了予定時刻の17時ごろから、人通りが増えてきたので、時間延長して頑張る事に。

やっぱり、ウサ子はチラシ受け取り率が高い。
さっち~さんウサギもかなり部数配ってる…
私は「可愛くなかった」からか、受け取り率が落ちてきた。

マルイの所は交差点だから、信号が変わると人通りが多くなる。信号待ちの人にもアプローチすると、けっこう受け取ってもらえるようだ。

途中、「膀胱をまもる為」にマルイの中に入ったけれど、一階のアクセサリーのところには、リアルファーの髪留めが売られていた。

ふわふわして、一見きれいに見えるけれど、それは生きたまま、剥がされた血なまぐさいモノだ、なんて、無関心な人には「知ろう」とする勇気も一歩もないのだろう。
私のオカンは「アンチファー」
近所のスーパーの「リアルファーの付いた服」の売場は大嫌いなコーナー。

「毛皮?大嫌いやわ。呪われるよ、あんなの身に付けてたら」

オカンの「アニマルライツ度」が高い件。


予定時刻から1時間延長して、終了しまた。

撤収終了後、少しデモの打ち合わせ。

ロベルタ、もしかしたら、いっとう前で拡声器のスピーカーを担ぐかも…
毎日が筋トレみたいなものなので、もう少し「鍛え直し」しておきます(笑)

http://www.no-fur.com

10月27日 全国一斉毛皮反対デモ行進

「暴力」の終焉の為に、一緒に「動物達の声」になって街を歩きませんか?

fc2blog_201310240036200ab.jpg


参加者募集中。

暴力の終焉の為に。#毛皮反対

10月に入り、それでも夏日が続いていましたが、ここ数日前から急に気温が落ち、肌寒く感じるようになってきました。
「今まで通りの服装」では、風邪を引いてしまう…!
衣替えが全く追いついていないから、焦ってしまいます…

若い人達は「季節を先取り」するのがオシャレなのでしょうか、ブーツや冬物のベストなどを身につけている人も多く見かけます。

気温が落ちれば落ちるほど、思いやりやモラルも「落ちる」のを、否が応でも目にするようになるこの時期…

リアルファー、そうです、「毛皮」です。

今年こそは毛皮を見ないで済みますように…

まるで、祈りを引き裂くように、街には毛皮の付いた服や、毛皮のマフラー、アクセサリーが売られ、多分「知らない」人達が身につけ歩いています。

私は販売業で、日用品などの担当者なのですが、売り場通路を歩いている女の子の上着の衿元がフワフワしてるのを目撃すると、「何とも言えない痛み」を感じるし、吐き気しそうになります。

「死体」なんか付けちゃって…

暴力だよ…

ファッション業界の嘘に躍らされて…

結局は知らないんだろうな…


インターネットが普及している昨今、「知ろうとする気持ち」があるなら、誰でも簡単に調べる事が出来るのに、それをしないなんて、やっぱり無関心なんでしょう。
スマートフォンでも検索は出来るのですよ。おうちのパソコンの前にどっかり座らなくても出来るのですよ。
あなたのスマートフォンは、何の為の道具なのですか?

http://www.no-fur.org

このブログをお読み下さっているあなたが、もしもまだ「真実」を知らないなら、リンクを開いて「知って」下さい!無関心は、愛の反対、この世で一番の「病」なのです。
どうか、無関心を脱ぎ捨てて、思いやりを身につけて下さい。


「暴力」を終わらせる為に。

10月27日は「全国一斉毛皮反対デモ」
大阪、東京、京都、名古屋、神戸、香川、福岡、鹿児島、の8都市での開催です。
(大阪は26日に開催)

http://www.no-fur.com

「動物達を助けたい!」「毛皮なんて、なくなれ!」
お近くの街で、共に「動物達の声」になって、毛皮反対を呼びかけて下さい。


NO-FUR京都より
第4回京都毛皮反対デモ行進参加者募集中
詳細:さっち~さんのブログ

http://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-1278.html

27日の京都デモ行進のシュプレヒコールは…

http://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-1294.html

リアルファーは卒業どすえ

外国人観光客も沢山訪れる京都に「暴力ファッション」は恥ずかしい…

一緒に声をあげて下さい!


「愛の反対は無関心です。」マザー

お知らせいろいろ…

とても10月とは思えない気温が続いていましたが、台風が去って、何だか急に「叩き落とされたような」気温です。

皆様、体調管理にはお気をつけ下さいね。

さて、寒くなって来ると、街には「暴力の証」であるリアルファーが出てきます。

今年は「全国一斉毛皮反対デモ」が各地で行われます。

10月27日です。

是非、「命を守りたい」という気持ちをお持ちであるなら、ご参加下さい。

そこで、NO  FUR滋賀よりお知らせです。

全国一斉毛皮反対デモの告知のミニパネル展とチラシ配り@京都マルイ前or髙島屋前

街に毛皮ファッションが溢れる前に、なんとかこの「暴力」を阻止したい!

という事で、京都マルイ前or髙島屋前にて、ミニパネル展とチラシ配りを行ないます。

日時:10月22日  火曜日
時間:12時より17時頃迄
雨天決行
主催:NO FUR滋賀

参加者募集中です。途中入り、途中抜けでも大丈夫です。
今回、「告知」という事で、チラシ配りを重点的に行ないます。

詳細:らび男さんのブログ

ご参加、お待ちしております。


次に、ロベルタからのお知らせです。

個人的な事で申し訳ございませんが、最近、体調もすぐれず、なかなかブログの管理も大変な状況です。

このブログのコメント欄に、最近アフィリエイト?のコメントがよく入るようになり、削除を何度しても再投稿されてきます。承認制にはしていたのですが、多忙な事もあり、なかなか対応が出来ません。

よって、しばらくの間、このブログのコメントを「クローズ」とさせていただきます。Twitterでフォローをいただいている方は、DMか、メンションをして下さればOKです。

勝手を申しますが、宜しくお願いします。


それから…

SNSのアカウントをTwitter以外にも、幾つか持っております。
皆様ご存知のFacebook、こちらのSNSは「実名登録」でアカウントを取得します。
私事なのですが、活動関係の発信は、諸事情ございまして困難な状況です。

よって、今月いっぱいで、「アカウント閉鎖」の措置を取らせていただきます。

「友達申請」して下さった方には、大変申し訳ございません。
役所関連に、職業上の登録を行ない日々の業務をしております。私の考えすぎかもしれませんが、「このSNSのこのアカウントと、あのSNSのアカウントは同一人物」
「この人、あのお仕事の人で、どこどこの店にいる人や」
などという「探り」をされるのは大変困ります。
よって、「利用停止」の措置を取らざるを得ない状況です。(予防的、保険的措置)

申し訳ございませんが、ご理解下さい。


そして、もうひとつ。

「第二ブログ」あります。
FC2ブログにアカウントがあります。
今後、活動報告やアニマルライツ関係の記事のUPは、FC2から行ないます。

「生きとし生けるものに権利と幸せを。ロベルタのブログ」

多数おられる活動家さんのような「パワーブログ」は書けません。
しかし、私の視点、私の裁量でこちらも書いていこうと思います。

「あれ~?ブログ管理も大変やのと違うの?」
と、突っ込みをされそうですが、ロベルタのお知らせ①に書いたように、コメントクローズにしたのには、こちらの管理もしたいらから…と、あまり釈然としませんが、「私なりに考えた事」なので、そこはご理解下さい。
私は「用途」をきっちり分けたい性格でもあるので…

このアメブロは、「ロベルタの日々の出来事」や「ロベルタのアタマの中」なんかを書いていこうと思います。
「ちょっと笑える事でもないかな?」な時にでも、覗いてやって下さい。

本当に、いろいろお知らせしてすみません。読者各位、ご理解いただければ幸いです。



試験投稿です

はじめまして。
いつもはアメブロでブログを書いています、ロベルタです。

そもそも、私がブログを始めたきっかけは「アニマルライツ活動の為」でした。
しかし、最近の私の投稿の趣旨が「本来の目的」とはズレてきていること、そして、これこそ「問題」なのですが、活動に関したブログをアメブロで発信されている活動家の皆さんが、画像や記事そのものを削除されたり、強制退会にさせられている事実を知り、
「踏み込んだ記事」を書けないのでは?という懸念がある事などが、こちらでアカウント取得をした理由です。

他の活動家さんとは違い、活動に出る機会も少なく、記事の更新はあまり出来ませんが、活動報告やアニマルライツ関係の記事はこちらでUPさせていただく事と致します。

「真実」や「現実」は、消すことなく伝えなければ…と思います。
アメブロに削除された画像や記事は、それを発信された活動家さんの「知って下さい」のメッセージを伝える大切で貴重なものであったと思います。

私には発信力はありませんが、それでも「伝えなければならない事」は存在します。
拙いブログですが、こちらも見ていただければ…と思います。

宜しくお願いします。
プロフィール

西村ロベルタ

Author:西村ロベルタ
毛皮、動物実験、娯楽の為の動物利用、殺処分など、この世は関心を持たなければ分からない事がたくさんあります。「いつもの視点」を少し変えてみて下さい。
菜食主義者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
PR
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR