「本当の美しさ」とは何でしょうか?考えてみてほしい

今年は夏からいきなり冬が来たような気候ですね。
この時期、とても「心苦しい毎日」がまたやってきた、と思わされます。

洋服やファッション小物を販売する店頭に、まるで「お約束」のようにリアルファーが登場し、街を行く人々のファッションにもふさふさとリアルファーが。。

「見たくないもの」、今年こそは見なくて済みますように。

まるで、「祈り」を引き裂くように、「残酷ファッション」は、何も知らない、いいえ、もしかしたら「知ろうともしない」人たちにもてはやされています。

今年は、10月26、27日に全国一斉毛皮反対デモ行進が行われ、たくさんの参加者が集まりました。もはや、「毛皮反対は当たり前」になりつつあるんだと感じます。

その一方で、大手デパートや通販では、「時代遅れ」のリアルファーをいまだに扱っています。
通販などは、「ふわふわ可愛い」などと煽りたてるようなキャッチコピーをつけ、無知な消費者にその「虐待の産物」を買わせることで、暴力に加担させようとしています。

このような物をうりつける販売店も販売店ですが、今日、私がこうやって久しぶりに記事をアップするのは、
「どうか、真実を知って、そしてもう一度考えてみてほしい」
という「願い」を届けるためです。元々ブログを書くのが苦手な私の記事では、伝わらないかもしれないけど、頑張ってキーボードを打ちます、どうか最後まで目を通して下さい。


毛皮に限らず、皆さんは「製品の出処」や「製造工程」に「視線」を向けたことはありますか?

私は、今の職業に就くまでに多種多様な仕事を経験しました。その中に「生産」、つまり「モノ作り」もあります。今よりもうんと若い頃、デパートや通販向けの婦人服を作る仕事をしていました。さいわい、毛皮や皮革は扱うことはなかったけど、お店にキレイに陳列されたコートやワンピースの「製造工程」を知ることが出来ました。お陰で基本的な洋服の仕立て方は知っているんですよ。怪盗ルパンも盗むことはできない、「資産」なんです。

いけない。。話が逸れました。。

何が言いたいかというと、製品というのはそれぞれ「製造工程」があるわけで、そこにも目を向けてほしいのです。

「毛皮」に話を戻して、

毛皮の製造工程、って考えたことはありますか?

じゃあ、毛皮ってどういうものでしょう?

インターネットが普及した昨今、調べることはわりと簡単にできるんですよ。
なにも、パソコンの前に座らなくても皆さんスマートフォンをお持ちですよね?スマートフォンを使えば、出先からでも「検索」できるんですよ。人生、楽しみも大切です、デートスポットを調べるのも結構ですよ。でも、一度検索して下さい。

検索キーワードは「毛皮の真実」で。

あるいは、「毛皮の製造」でもいいと思います。

このブログからすぐに当該サイトに行けるように、リンクを貼りますね。


http://www.no-fur.org

アニマルライツセンターさんのページです。

ほかの動物問題にも言及してるから、ぜひ見てほしい。

このサイトは、私が動物たちの置かれてる現実を知ったサイトです。悲しい画像や動画がたくさんあるけど、勇気をもってみて下さい。
「可愛い」の裏側
ごめんなさい、画像サイズがうまく変えられない。。

悲しくなる画像だけど、これは「製造工程」です。
ちょっと悲しい画像が続くけど、頑張ってみてほしい。
34.jpg
33.jpg
アニマルライツセンターさんからお借りしました。

これ、「現実」なんです。
しかも、この瞬間も動物たちは生きていて、意識があるまま毛皮を剥がされています。
なぜ、そうするか?

殺害のときの薬品代を浮かす、生きたままのほうが剥がしやすい、毛艶がよくなる、などが考えられます。


ちょっとすりむいただけでも痛いのに。。

ここまで見て、毛皮は全然おしゃれでも、可愛いものでもない、ってわかったと思う。

毛皮は「血まみれのファッション」「暴力の証」

こんなこと、やめにしたい!

そう思うなら、毛皮を買わないで下さい。買えば「需要」が生まれて動物たちは殺されます。
そして、今持っているものも着ないで下さい。誰かがそれを見て、真似をするといけないから。

新しい素材が次々に開発され、おしゃれであたたかい服は毛皮なしでも作れます。
「毛皮は高級品」だなんて、大昔の話。

これからのトレンドはFUR-FREE!

ファッションのために命の犠牲はいりません!

「本当の美しさ」って、「命の犠牲のない、優しさを伴うもの」だと思いますよ。

あなたの犬を着ないなら。。
プロフィール

西村ロベルタ

Author:西村ロベルタ
毛皮、動物実験、娯楽の為の動物利用、殺処分など、この世は関心を持たなければ分からない事がたくさんあります。「いつもの視点」を少し変えてみて下さい。
菜食主義者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
PR
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR