動物園に「愛」は存在しない。「命の大切さを学ぶ場」でも「癒しの場」でもないという事実

何度も同じ事を言うようですが、私が「アニマルライツ」を知るきっかけになったのは、「毛皮」でした。
過去記事にもかいていますが、
「ペットのことをネットで調べているうちに、動物たちがおかれている現状を知った」
という経緯があります。

毛皮問題だけでなく、動物実験、肉食の問題、娯楽や伝統行事の名のもとに行われる動物利用、イルカ猟、ハンティング、象牙・・・

ほんとうに、たくさんのことを知って、衝撃を受けました。

そして、今も・・・

「楽しい」と普通なら感じることをしていても、心底「楽しい」とは思えない自分がいます。
例えば、今日は寒いな・・・っていうときも、気になるのは「外飼いの犬猫」だったり、
化粧品ひとつをとってみても、「製品化されるにあたっての動物実験」に視点が行ったり・・・

スーパーの食品売り場の「精肉コーナー」は、「死体置き場」にしか見えなくなりました。

いつだったかは、洋服売り場で、リアルファーのマフラーを見つけ、
「ごめんなさい・・・」
って、撫でてる自分がいました。

Twitterで、活動家さんたちが、自身のブログや、いろんなサイトのリンクをツイートに載せて、発信して下さっています。
勿論、「悲しい画像」もタイムラインに流れてきます。

先日、その「画像」の扱いについて、「反対意見」も見受けられましたが、私は、いつも、「百聞は一見に如かず」だと思って見ています。
確かに、衝撃は受けます。
でも、もっと「衝撃的」なのは、「グロ画像」と言われることなんです。
被リンクはしませんが、「例の個性派女子のブログ」に「アニマルライツセンター」のリンクが外部リンクとして貼られていました。そこの「注意書き」ときたら、
「グロ注意」

あり得ない、と思いました。
「閲覧注意」とかならまだしも・・・

お願いです。
「グロ画像」「リンク先グロ注意」などという言葉を使うのは、やめて下さい。
画像やサイトの記事の動物たちが可哀想すぎます。

「閲覧注意」「リンク先画像閲覧注意」「悲しい画像があります」などにして下さい。
再度、お願いします。

なんだか、逸れてしまいました。。

「アニマルライツ」について、活動家さんたちの「発信」を読ませていただき、「知らないこと」が、ほんとうにたくさん、「知らなければならないこと」だと感じましたし、「知る事ができてよかった」と思っています。
本当に、いつもありがとうございます・・・

人間という生き物は、「残酷な発想」については、「一級品」ですね・・・

そのひとつが、「動物園」だと思います。

「動物問題」を知るまでは、
「動物園の何がそんなにいけないの?」って思っていました。

「希少動物の保護をしている」とか、「子供たちへの教育」だとか、
私も「愚か者時代」は、信じて疑わなかったし、
「すべての動物たちは、愛情飼育をされている」なんて、本気で思っていました。

しかし、「知れば知るほど」それらは「大嘘」だとわかりました。

以下、リンクを貼りますね。
とても丁寧に、かつ詳細に記事にして下さっています。


「苦しみ続ける動物たちのために。さっち~のブログ」さんより。

『動物虐待の宝庫。「動物園がいらない理由」余っているから殺される。首を吊ったライオン。ふれあった動物は餌になる』
http://amour918.blog.fc2.com/blog-entry-1419.html

この記事を読んで、ますます人間は「一級品」だと思いました。

デンマークの動物園が、キリンを殺して観客に解体の工程を見せて、肉食獣の餌にした話、
「生かす道」もあったのに、結果、殺して「見せ物」として解体して・・・

実は、この話、ウチのオカンにもしたんです。
オカンは怒りました。
「そんなこと、動物園がやることじゃないっ!」

まぁ、オカンには、いまいち「動物園反対」の理由がわかっていない部分もあるんですが、そのオカンですら、怒りをあらわにしたんです、本当に「あり得ない」です。
(いずれ、オカンには、もっときちんと「動物園反対」の理由を伝えていこうとは思っています。あくまで本人が「拒否反応」を出さないレベルにはなりますが・・・)

そして・・・「一級品」どころか、「特級品」やな、と思ったことが・・・

「ふれあい動物」って、「殺される」という事実。

これは知らなかった。
「ふれあい専用」で飼育されている、と思っていました。
多分、大多数の人が、私が思い込んでいたと同じように思っているとおもいます。
だから、ふれあい動物の「行く末」なんて、無関心というより「無知」だと思います。

私も過去に、以前勤務していた会社の社員旅行で、動物園に行ったことがあり、「お約束」のようにふれあい動物とふれあった経験があります。
あの時、ふれあった動物たちは・・・と考えると、胸が痛くなります。

それに、すべてではないけれど、子供って、動物が嫌がってても、かなり無理やり障りますよね。
これって、動物たちにとって、かなりのストレスだと思うんです。
ストレスをかけられるだけかけられて、「行く末」が「殺されて餌になる」だなんて・・・

動物園は、「命の大切さを学ぶ場」ではないってこと。

今はどうだかわかりませんが、たいてい、幼稚園や小学校低学年の遠足コースに「動物園行き」は組まれています。
私の子供時代もそうでした。
先日、身辺の整理で、幼少時代の写真を発見したんですが、しっかり「動物園で記念撮影」の写真が出てきましたから。

「子供を動物園に連れて行く理由」が「動物のことを学ばせるため」だとしたら、それも「間違っている」ってこと。
そもそも、「不自然」です。
檻に閉じ込められた動物たちを見て、生態なんてわかりますか?

テレビで、「飼育員のお仕事に密着」みたいな番組をやってることがたまにありますよね。
なんか、「多大な愛情」をもって接している、みたいな構成ですよね。
特に日本人は「テレビの情報がすべて真実」なところが強くて、みんな「信じ込まされて」いるんですよ。

勿論、すべての動物園が「悪い」とか「良い」とかではなくて、

『動物園そのものの存在が不要』

であると、私は思います。

私の「いつものセリフ」ですが、「もしも、自分がされたら、なんと思うか?」

住み慣れた土地を強制的に出され、家族といきなり、意志とは逆に引き離されたら・・・
昨日まで、自由に平原を駆け回っていたのに、いきなり檻に監禁されたら・・・
そっとしておいてほしいのに、ムリに見せ物にされたら・・・
そして、
触られたくないのに、むりに触られて、ストレスをかけられるだけかけられて、最後は殺される、という運命が与えられたら・・・
「お前は余りものだから、生きてもらってては困る」と、死を与えられたら・・・


お願いです。
動物園に行かないで下さい。
あなたが入場料を払うことが「虐待への加担」になってしまう事実に目を向けて下さい。
動物園側も、「珍しい動物を入れれば利益が上がる」となって、また「犠牲」が増えてしまいます。

檻の中の動物は「ほんとうの姿」ではないのです。
メディアの嘘に、企業の利益に踊らされないで、「視点」を少しづつでもいいので変えて下さい。


私は、もう二度と動物園には行きません。
「監禁」という名の虐待に、これ以上加担したくありませんので・・・

動物園は、「命の大切さを学ぶ場」でもなければ、「癒しの場」なんかではないのです。

「冬」が去りますように…

3月も半ばだというのに、寒い日が続いています。

私達にも、動物達にも、「暖かい季節」が早く訪れますように…



まだ、「低空飛行」な体調です。
早く、元気を取り戻して、活動に参加出来るように日々、少しずつですが、進んでいきたい。

早く「冬」が去りますように…

動物達のために…

あなたが寒いなら・・・

3月に入って、日本列島はまた「寒気」に包まれています。
ほんと、ちょっと外に出るだけで、とても寒くて、髪の短い私は、すぐに耳の感覚が麻痺してしまうほどです。

こんな時に、気になるのが「外飼い」をされている犬や猫のことなんです。

今も、雪が降っています。

お願いです。

あなたが「寒い」なら、ペット達も同じように寒いんです。

どうか、おうちの中に入れてあげて下さい。

まさか、「犬や猫は毛皮を着ているから大丈夫」とか思っていませんよね?
犬種にもよりますが、ずっとこの寒い中で、「同じように眠る」なんて、とても耐えがたいこと。
おうちの中がムリなら、せめて冷たい風が直接当たらない場所、例えば倉庫とかでもいいと思うんです。
雪の吹きこむ犬舎で、防寒のための毛布などもないような状態で放置するのはやめてあげて下さい。

BdXWvmJCMAAa0-M.jpg

「犬や猫は毛皮があるから・・・」
って、「私たちがコートを着て外に居る」のとおなじレベルです。
動物愛護先進国では、「虐待」になってしまいます。

「お前は外で寝ろ」って言われて、雪の中、外で寝れますか?

「自分に置き換えて」考えてみて下さい。

「家族」をつらい目に遭わせる行為はやめましょう。


ほんとうに、ほんとうに、お願いします・・・

「休日」にしてしまって久しぶりにVegansへGO!

Twitterでも度々、言及していましたが、恥ずかしなら、今の私、体調が「落ち目」です。
「体調」というよりは「メンタル」なんですが…

もう、朝から気力がダウンしてしまって、何もする気が起こらず…で、急遽「休日」にしてしまいました。
でも、このまま家に帰っても、あの家庭環境では休養どころか「負担」しか与えられないので、ちょっと頑張って「気晴らし」してきました。

行き先は京都にしよう。

そう言えば、しばらくVegansに行っていないなー…
で、行ってきました。
ほんま、久しぶりです。奥さんに「久しぶりですね~」なんて言われましたから。

ベジタリアンやヴィーガンの皆様ならご存知、本日は「菜食の月曜日」つまり、「ミートフリーマンデー」ということで、何をオーダーしようかな?だったんですが…

メニューを
見て決めたのは「ミラノ風玄米ドリア」
本当は、「ベジカルビ丼」が割引で食べられる日だったらしいけど、いくらソイミートとはいえ、「肉系」っぽいのが苦手だから、こうなりました。

待つこと、しばし。



うん。美味しそう。
一見、カロリーどっちゃりで太りそうに見えますが、ここはヴィーガンのお店です。
「完全植物性100パーセント」です。

お味は、ほんと、クリーミー。
これが「植物性オンリー」だなんて、黙っていてもきがつかないほど…
しかも、私はベジタリアンのくせに「玄米が苦手」なんですが、そんな「苦手意識」なぞ、微塵も感じさせない素晴らしい食感とお味。
ほんと、毎度、ここの「創意工夫」には驚かされます。なんていうか、「店長さんの心意気」を心底感じます。

「アニマルライツ」に目覚めた経緯は、私と少し似ていて、
「インターネットでペットの事を調べていて、動物達の置かれている現状を知った」
っていう事なんですが、「大繁盛していた焼肉屋さんを閉めて、完全菜食のお店に作り変えた」っていうところに、「命に対する考え方」や「敬意」を持っておられる「愛のある方」やな、と思います。

お店のホームページに「経緯」は書かれています。ぜひ、そこも読んであげて下さい。
今、スマホで記事を起こしているので、URLの入れ方がわからず…
Google検索してくださいね。(無責任な私)

店内、いつも「興味深い本」がたくさんあります。
そんな中で、私の目にとまったのは、これ。


「医療大麻を考える会」の会報です。

職業柄、こういうのはほんとに興味津々。
ご存知、この国では「大麻」は医療だろうと嗜好品だろうと、法律で禁止されています。
でも、世の中の「医薬品」って、医療用、市販用共に、とてもじゃないがけど「悪影響がない」とは言えないモノが「合法化」されており、病院は漫然と患者に投与し、市販用に至っては、テレビのCM垂れ流しの文言を「危険性」なんぞそっちのけで漫然と購入している人が多数存在する現実…

本文中に、「大麻には依存性は強くない」みたいなことを見たんだけど、それを見て、「もう、これは合法化して医療用でだけでも使えるようにした方が、救われる患者さんが多数居てるわ」と思った件。

大麻よりも、鎮咳薬に入っている「リン酸コデイン」のほうがヤバイですわ…

「ブロン一気飲み」って、知ってる人は知ってますよね?「リンコデ中毒」ね。

市販用でも平然と売られてる。
でも、実態は「モルヒネと同じ化学構造式」を持つ薬物。こっちの方がヤバイのは一目瞭然。依存性も強い。

更に、「メンタル病み」として「見逃せない記事」も見たんだけど。

私は「不安神経症」なんだけど、この手の治療薬は、病院で処方される「ベンゾジアゼピン系」ってやつね。
このベンゾジアゼピン系、数週間で依存性がついてしまう。私はこういうのを約10年、飲み続けていたんだけど、最初は
「落ち着く~」なんだけど、完全に依存性がついてしまうと、今度は「負の影響」が出てしまう。
そう言えば、「死にたい衝動」によく陥っていたな…
しかも、「途中でやめたら、また落ち込む」とかって思い込んでしまうから、やめれない。はい、これ「依存」です。

まぁ、今はこの手の薬を使うことはないんだけど、多くの「精神科の患者さん」は、この薬の「虜」にされてしまってる。
まぁ、裏には「利権」だとかが密接に関係しているんだけど。

…で、その「医療大麻を…」の会報には、そういった精神疾患の治療にも、ベンゾジアゼピン系よりも安全に使える、みたいな事も書いてた。

「そういう治療なら、受けてみたいわ~」
って思ったな…

「医療大麻を考える会」のホームページもあります。
リンク貼りがうまくいかないので、普通に書いときます。

http://www.iryotaima.net/

興味のある方は、パソコンのアドレスバーに入力して、ページを開いてみてくださいね。

2014030314012864b.jpg



食後のルイボスティーも美味しかった~。
しかも。かなりたくさんの量を出してもらえます。これも「お気に入り」です。

その辺の「市販品」にもあるけど、農薬やら、最近では「放射能問題」もあって、安心して飲めないですからね。
ほんと、「安心」は、口に入れるものこそ重視するべきです。「ベクれてるもの」を口にするのは「内部被曝」になりますからね。

更に、店内が暖かくて、ついウトウト…
ビニールカーテンで、さぞかし寒そうだと思ってた私の「思い込み」は破棄。

ほんと、最近、家でも安らげないから、ついつい睡眠不足だったのでしょうね。
「脳波」が安定しないと、眠れないだろうから、Vegansはそこもバッチリ!ですね。
ますます、「お気に入り」です。

帰り、ラッシュでお買い物。
ちょうど、「日用品」が切れてたから。
シャンプー、コンディショナー、保湿バームをお買い上げ。勿論、ヴィーガン対応品。
動物実験にも反対してくれて、「応援したい企業」のひとつです。



この画像、ちょっと前のなんだけど、「三条とーり」っていうんだって。
「ゆるキャラ」は、いまやどこにでも居てるんですね。個人的には好きですよ。
名刺ももらいました。Twitterアカウントもあるらしい。Facebookもアカウントあるらしい。「中の人」が投稿してるんかな?

まぁ、ちょっとずつ、「元気」を取り戻せそう…

Twitterのタイムラインも追えていない状態だけど、「完全復帰後」したら、拡散協力していきたいと思います。

もうしばらく、お時間くださいね…

今日!神戸コレクション会場前アクション

詳細

vivianさんのブログより

http://ameblo.jp/vivihappieta/entry-11768062267.html

神戸コレクション会場で、「オシャレに命の犠牲はいらない」っていう呼びかけをするアクションです。

恥ずかしながら、神戸コレクションのアクションには参加させていただいたことはないのですが、活動をされている方々のブログを読ませていただき、つくづく「ファッショントレンドの先駆者」である若い女性たちにまず、関心を持っていただき、やがては「毛皮や動物性素材のファッションはダサいんだよー」というのが「当たり前」のこととして浸透していってほしいと思います。

そこで、「オシャレ発信地」の神戸から「No毛皮、No動物性素材」がトレンドになってほしい!
いや、「流行らせなあかん!!」っていう優しくて美しいアナタ、
詳細を必ず「上記のリンク先」でご確認いただき、ご参加ください!

BaZ2FVQCIAANREA.jpg
「他者の苦しみ」の上に手に入れるオシャレ、って、ほんとにカッコイイですか?

BTP0lUmCYAAPZnQ.jpg
「他者のチカラ」に頼らず、勝負しましょうよ。
そのほうが、カッコイイです。

「神戸ファッション=命に優しい」っていう「図式」が当たり前になりますように。

「今日、休みだけど、何しようかな?」
って思っているなら、ぜひ「アクション参加」で決まり!!

「上記リンク先」で詳細確認して神戸コレクション前にGO!!
プロフィール

Author:西村ロベルタ
毛皮、動物実験、娯楽の為の動物利用、殺処分など、この世は関心を持たなければ分からない事がたくさんあります。「いつもの視点」を少し変えてみて下さい。
菜食主義者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
PR
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR