「活気に満ちた人」になるということ


毎日暑いです。
この暑さには「危険」すら感じます。

昨年までの私は…

「暑い~~!死ぬわ。体力ないし~」

なんて、「お約束」のようなセリフを吐き、ダラダラ、ボケーとしておりました。

更に子供の頃からアトピー体質で、夏場は「自分の汗」が仇となり、汗をかくような場面、すなわち「お外」が大嫌いでした。

「若さがないやんか~?」

なんてなコト、「言われて当然」でした。

「体力をつけるには、肉だ~!」

なんて、肉を食べれば「活気」がゲットできるとまで考え、元気になりたくなると、肉食店に行っておりました。

今、思えばゾッとするお話。

それで、「活気」はゲット出来たのか?ってとこですが、ゲットどころか「喪失」って言うのが真意だという件。

会社の健康診断は「引っかかりまくり」
いつも「中性脂肪」なるものが高値でした。これが高値になると、「動脈硬化」のリスクが上がるのです。

ヤバイ、ヤバイ。

でも、どうするコトも出来ず、「仕方ない」で片付けておりました。

とうとう、コレステロールを下げる薬まで服用する羽目に…

「病院と仲良しこよし」なんて、ゾッとするけど、まさにそうだったんです。

その頃の体重は161センチの身長に対して63キロ、服のサイズは13号、ウエスト70センチという「デカイサイズ」のスカートやズボンを着用しておりました。

かがむとお腹のお肉がつっかえるので、落ちた物を拾うのも大嫌いでした。
張り出す下腹に白衣のポケットは曲がり、とにかく何を着ても「パンパン」で、体が重くて機敏さもなかったように思います。

私が何故、「自分革命」したのか、って?

「アニマルライツ」です。

毛皮問題を始めとして、動物実験、娯楽のための動物利用、殺処分、
そして、工場的畜産…

そりゃ、もう、「衝撃」でした。
自分に「活気」をくれると信じてた「お肉」の真実を知って…

更に「なんとなく」作っていたTwitterのアカウントを「きちんと使って」動物愛護(動物権利)の活動家さん達とつながるようになって、いろんなリンクを開いては見てショックを受ける…

勿論、「肉食」の事も、動物たちへの残酷な仕打ちだけでなく、環境問題や人間の体への害にも密接に関係する、という事実。

コワイ…

今まで「食物」としてしか見ていなかった「お肉」が実は「動物たち」だとわかって、程なくして「肉食イコール罪悪」だと感じるようになっていきました…

スーパーのお肉売り場が「死体置き場」に見えてきて、不快でたまらなくなって…

「ゴメン、私、お肉やめた。ベジタリアンになる。」

友達への公言。

この事をきっかけに、食事のお誘いも殆ど来なくなりました。

「偏食の人は…ねぇ…」

予想はしてたけどね。

更に、出会うたびに毛皮のことや動物実験の事を話すもんだから、「それとなく」避けられたりとか…

「顔見たら活動しよる!」

なんて言われてるんだろうな…
いいけど。無関心でいる事のほうが「残酷」ですって。

まぁ、そういう理由で「離れていく」友達は、本当の意味での「友達」ではない、という事か。

…んで、肉食廃止から、現時点でまだ一年にならない「ビギナーベジ」なんですが、体は「驚く変化」を遂げております。

まずは「体格」
肉食時代、最高で63キロあった体重は、54キロまで落ちました。
それも、肉食時代のダイエットとは違い、「キレイ」に痩せる!

お腹すっきり。(中も外も)

便秘薬常用してましたが、全くもって不要。しかも、するりんっ♪と出てくれるので、ラクラクです。
「大きいほう」を排出するのが、余計な体力を使う事なく出来る事に感動!

「お通じ」は「ダイエットの基本」
と言われております。便秘をすると、腸にたまった便から毒素が体内に取り込まれ、様々な弊害が出るのです。
お肌、悪くなるのはそのせいです。

するりん♪のおかげで、痩せやすくなったのかな、体重は順調に落ち、でも筋肉はそのまんまなんですよ。
「やつれる」じゃなくて「スリムになる」という事。

「健康面」

便秘が治った事で、お肌元気に。
更に、化学物質を極力避ける事で、更に元気。

「仮面舞踏会」やめました。
44歳にして素顔、化粧はお出かけの時に必要最小限に。
今、物議を醸している「美白」などは全くもって不要!
「ソバカス大臣」だけど、キャンディキャンディみたく「気にしないわ♪」

ベジを選択すると、「ナチュラル」がイイって事に目覚めるのかな。

あと、疲れてもすぐに元気!
一晩寝れば、次の朝は「スッキリさん」

よく、アスリートもベジやヴィーガンの人が活躍してますが、「底力」は肉食者よりもベジタリアンのほうが上です。草食動物が長い時間、走り続けられるように…

「あー、しんどい!」と、休憩ばかりしてた私が、
「ちょっとは休憩したら?」などと言われております。

明らかに「活気」があります。

昭和人間、40代半ば。

普通なら、「オバサン化」していく年代です。
しかし、「逆行」しております。

風邪もインフルも「何処吹く風」です。薬を飲むのもやめました。
抗生物質拒否、ワクチン拒否!
ついでに除菌も廃止!ロベルタの家には「除菌グッズ」はありません!
うがいは塩水で。うがい薬は使いません。消毒しすぎて、次の細菌の襲来に無防備になってしまうんです。
抗生物質もそう。

会社の同僚が私に
「全然風邪ひかへんなぁ。なんで?」
と質問してくるので、
「適度に不潔だから、抵抗力あるねんや~。ワハハ」
と、お答えしております。

そうそう、コレステロールの薬は、肉食廃止してわりと早く「解放」でした。

もうすぐ会社の健康診断だけど、「いいデータ」が出るといいな…
ある意味「楽しみ」だったりして…

もしも「健康優良オバサン」の称号をもらったら、「菜食は健康と若さの秘訣」だ、と証明する事になるでしょ?

女子たるもの、避けては通れない「生理」の問題、

肉食時代は生理痛がとにかくひどかったんです。もう、七転八倒。
でも、これも今は殆どないほど軽くなりました。
貧血になるほどだった出血もかなり少なくなって、「ブルー」じゃなくなりました。

ロキソニンともさようなら~♪

あと、「精神面」
イライラが以前よりかなり少なくなって、考え方も前向きに。

テレビや映画の暴力シーンが不快に感じるようになったのはスゴイ。
「暴力反対」です。

まだヴィーガンには届かないけど、確実に変わっています。
最近、肉や魚だけでなく、動物性のお出汁も「くさい」と思うようになってきた件。

内側から変えていくので、「本質的」に変わります。

怪しい薬やサプリ、危ない化粧品はいらない!

こうして、「活気」をモノにしております。
お肉がスタミナ源だなんてのは「大嘘」です。

「活気」を手に入れて、輝きましょう…ね。

Go Vegetarian!


iPhoneからの投稿
プロフィール

西村ロベルタ

Author:西村ロベルタ
毛皮、動物実験、娯楽の為の動物利用、殺処分など、この世は関心を持たなければ分からない事がたくさんあります。「いつもの視点」を少し変えてみて下さい。
菜食主義者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
PR
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR