活動報告 全国毛皮反対デモ行進予告ミニパネル展@京都

10月27日、全国一斉毛皮反対デモ行進が行なわれます。
今回はその「予告活動」として、京都マルイ前にてミニパネル展とチラシ配りを行ないました。
主催はNO FUR滋賀、今回の京都デモの主催であるNO FUR京都のさっち~さんと共に、平日のマルイ前で道行く人達への呼びかけです。

ただでさえ、動作が鈍い私は、「早めに着いて、みんなを待ってたらいいわ」と思い、いざ京都に向かって移動し始めると、時間の読みが甘かったのか、けっこうギリギリに現地着。

先にママンさんとつんさんが「目的地」に到着しておられ、準備を始めていて焦ってバタバタ~と現地入りした私…
fc2blog_201310232253361a8.jpg



パネルの設置は殆ど終わっていて、「さぁ、これからチラシ配りや!」
ってなってるところにさっち~さんと合流。
以前より、彼女自身のブログの写真で顔は知っていたんだけど、実物はやっぱり写真よりも可愛い人だな、という印象。サラサラのロングヘアが素敵。

「はじめまして。ロベルタです~」

挨拶のとおり、初対面。
言葉も私とは違ってハキハキしてはる、見た目も「半分おっさん」な私とは大違い。

こんな可愛い人が、いつも動物達の声になって色んな活動されてて、あの「パワーブログ」書いてはるねんや…
すごい…

「頑張ります。どんくさいですけど、お願いします」

かなり「しどろもどろ」だった自分に笑えてきた件。

さすがは「活動家さん」です。持参したパネルをキャリーから降ろし、テキパキとセッティングして準備完了。
fc2blog_2013102323050752e.jpg



「うさ男」と「さっち~さんウサギ」
登場。

さっち~さんは「場数」を踏んでる分、オドオドした私とは違って次々とチラシを通行人に渡していく。
私はまた「いつもの癖」が出て、なかなか最初は思うように出来なかった。

「嫌われるよ…なんか、通行人のみなさんがコワイ…」

きれいに着飾った女性達も、関心事は「目先の自分の心地よさ」なのか、パネルを横目でチラリと見るだけで、まるで何事もなかったかのように通りすぎる。
緊張しすぎて、喉がカラカラになる私…
横目で仲間を見ると、みんなそれぞれ「チラシを受け取って」と頑張っている。
マコヒメさんも、なかなか「押し」が強い。

負けるな、自分!

途中、ふっと「何か」が吹っ切れたような気がした。

「お願いしまーす!」

明るい笑顔で元気よく。
すると、受け取り率が上昇してきた件。

ひとり、またひとり。

チラシを受け取ってもらえると、活気づく。ロベルタ、以前やってたクリスチャンの活動の時の感覚を取り戻して、道行く人達を捕まえるかのようにチラシを差し出す。
fc2blog_20131023231927d0c.jpg

途中、誇らしげにリアルファーの衿が付いた上着を着た女性を目撃。
ここぞとばかりに「思い」を込めてチラシを差し出す!
彼女は、他の「チラシ受け取り拒否組」よりも冷たい目線を私に返して足早に雑踏の中へと消えて行った。

この後、何度か、リアルファー着用者を見かけた。それぞれ「暴力の証」を身に纏い、「無関心のオーラ」を出して「自分の目の前」だけを見て「歩いて」いる。

自分の「欲望」の為に、動物達の命の犠牲がある事、多分、私達の活動を見て「示される」と、敢えてその「真実」から目をそらそうとするのだろう。「図星」だから。「痛いところを突かれた」と感じるのだろう。

リアルファーのマフラーを巻いた若い女性にチラシを差し出すと、一瞬ジロッと私を睨みつけ、プイと横を向いて拒否された。

「心が折れる」というよりも、逆に「可哀想な、残念な人」だと思った。
「自分の行為=リアルファー着用」が、本当は罪な事だと知らされた瞬間取った「防御反応」なのか…?

キリスト教徒の私は、常に「罪」を意識させられてきた。神の光が人の心の闇を照らす時、人は自分の「罪のけがれ」を見せまいとして、「拒否」の行動に出るのだという…
しかし、「己れの罪」を認める時はいずれやってくる。

神の光が照らし出す心の闇を、全てさらけ出し、「悔い改め」をする。
これをする為には、「自己否定」にも似たプロセスが存在する。自らの「罪」を認める時は、「自我の放棄」をする時でもある。

自分が「暴力への加担」をしている事を認めたくないのだろう。
しかし、認める日はいずれやってくる。
私自身がそうであったように。

神戸コレクションの活動、私は参加出来なかったけれど、来場者のひとりである若い女性が、アニマルライツのチラシを受け取り、リアルファーの真実を知り衝撃を受けた事を、Twitterと自身のブログで発信してくれた、というのがあったけれど、こういう人がひとりでも増えるように、「発信」は続けなければならない。


途中、休憩時間。

うっかりとバタバタで、食糧を忘れた私は、ママンさんのヴィーガンお弁当を少しご馳走に…
とても美味しくて、本当、創意工夫には毎度驚かされる。ステキなお母さんだね…

私の家の食卓も、徐々にだけど、ベジになってきてる。しかし、オカンはまだまだノンベジ、たまに魚介が出てくる。
でも、最初の頃は喧嘩してたから、それから比べると「進歩」ではあるけれど…

肉食廃止も毛皮反対も、「伝え続ける」事が大事です…

fc2blog_20131023235750579.jpg


さっち~さんと「クソジジイネタ」でストレス発散してたけれど、活動中も、「ジジイ」が罵詈雑言を言ってきた。

さっち~さんに、
「お前は肉食べるんか?」
と言ってきた。
「食べるのやめましたけど。」
「お前ら、クソや!しね!」
吐き捨てると去って行った…

多分、このジジイも、自らの「罪」を認めたくなかったのだろう。


夕刻、うさ男はウサ子に変身。

さすが、ウサ子は人気者。
女子高生に記念撮影されまくり。
fc2blog_20131024000526a03.jpg


ウサ子は「活動家」なの、
チラシをどうぞ!って「お願い」してるの。なのに受け取らない無関心な女子…あり得ない。

ウサ子のお願いを却下する、なんて。

途中、マコヒメさんが用事の為に帰る事に。チラシ100枚、配布して下さいました。すごい!さすが!

終了予定時刻の17時ごろから、人通りが増えてきたので、時間延長して頑張る事に。

やっぱり、ウサ子はチラシ受け取り率が高い。
さっち~さんウサギもかなり部数配ってる…
私は「可愛くなかった」からか、受け取り率が落ちてきた。

マルイの所は交差点だから、信号が変わると人通りが多くなる。信号待ちの人にもアプローチすると、けっこう受け取ってもらえるようだ。

途中、「膀胱をまもる為」にマルイの中に入ったけれど、一階のアクセサリーのところには、リアルファーの髪留めが売られていた。

ふわふわして、一見きれいに見えるけれど、それは生きたまま、剥がされた血なまぐさいモノだ、なんて、無関心な人には「知ろう」とする勇気も一歩もないのだろう。
私のオカンは「アンチファー」
近所のスーパーの「リアルファーの付いた服」の売場は大嫌いなコーナー。

「毛皮?大嫌いやわ。呪われるよ、あんなの身に付けてたら」

オカンの「アニマルライツ度」が高い件。


予定時刻から1時間延長して、終了しまた。

撤収終了後、少しデモの打ち合わせ。

ロベルタ、もしかしたら、いっとう前で拡声器のスピーカーを担ぐかも…
毎日が筋トレみたいなものなので、もう少し「鍛え直し」しておきます(笑)

http://www.no-fur.com

10月27日 全国一斉毛皮反対デモ行進

「暴力」の終焉の為に、一緒に「動物達の声」になって街を歩きませんか?

fc2blog_201310240036200ab.jpg


参加者募集中。
プロフィール

西村ロベルタ

Author:西村ロベルタ
毛皮、動物実験、娯楽の為の動物利用、殺処分など、この世は関心を持たなければ分からない事がたくさんあります。「いつもの視点」を少し変えてみて下さい。
菜食主義者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
PR
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR