今年こそは・・・

お久しぶりのブログです。
なかなか、管理画面にすらログインせず、事実上、放置していました。

殺処分反対デモのレポートもアップできないままになっていて、ほんと、ほかの活動家さんのようにこまめに更新、なんて、程遠い状態になっていて、このブログの存在すら忘れかけていました。

コメントクローズなので、荒らされることはないのでしょうけど、やはり、きちんと管理しないといけませんね。
反省です。。

例えば、「毛皮を販売している通販などに、意見や要望をした」といった行動も、短い記事でいいから書くといいんですよね。
なにも、デモやパネル展のことだけではないし、「活動」はいろいろあるのですから。


今季も毛皮ファッションが多数、目に映り、何とも言えない気持ちになっています。
いつも、京都での「活動場所」になっているマルイは、全力で「虐待ファッションコーナー」を展開していますし。。
ほんと、「声」が聞こえないのか、と思ってしまいます。

そして、いつも私が思うことですが、
「表示を確認してから商品を購入する」というのを、そろそろ「習慣」にしてほしいんです。
値段と見た目だけを見ているから「知らないうちに暴力に加担させられる」という事態になるんです。
幸い、私は洋服の製造にも携わっていた経験があり、いろんな素材を扱ってきたことで、だいたいの判別はできるほうなんです。
「これはアンゴラ混紡やな」とか「ウールだけどクオリティ低いな」とか。。

もちろん、「リアルファーとフェイクファーの違い」も、見ればだいたいわかります。
ただ、最近の技術はすごく、パッと見ただけでは判別が困難な物も。。

そこで「表示の確認」です。
せっかくの「お気に入り候補」も、リアルファーを使っていれば「却下」です。
更に最近は「ヴィーガン目線」で服選びをしています。
シルクもウールも「却下」です。
これらのものは動物達からの搾取だけでなく、お手入れが「クリーニング」というのがほとんどです。
いつも着るものは、イージーメンテナンスができることが大事です。
クリーニングの溶剤は「石油系」ですよね。
「環境への負荷」を考えると、「どうしても」のもの以外は極力「家庭洗濯OK」が手間いらずです。
もちろん、「コストダウン」も出来ます。

動物に、環境に「優しいもの」を選びませんか?

「ちょっとの手間」が「暴力への加担」から手を引く行動になりますよ。
BaZ2FVQCIAANREA.jpg

会社には「身だしなみの規定」というのがありますよね。
私の今の職場は「濃紺のストレートジーンズ、白ポロシャツか白トレーナー」なんですが、
さらに細かく「ドレスコード」は決められています。

なぜ?

「服装はその人の心をあらわす」と言っても過言ではないわけで、明らか「場違い」は「誤解のもと」です。
若い頃は反発しか覚えなかったかも、ですが、今となってはこのことがよくわかります。

リアルファーを着ていると、「恥さらしで無知で無関心な動物虐待者」だと思われても仕方ない、ってこと。
人が着ているものにケチをつけているんではありませんよ。念のため。

このブログを「PC表示」に切り替えると、カラム(サイドメニュー)にリンクがいくつか貼ってあります。
「他人任せ」みたいかもしれませんが、リンクを開いてもらえば、詳しく記事にして下さっていますし、「知る」ってことができると思います。

「動物が虐待されている写真を見るのがいやなら、ただ見ているだけでなく、なくすための行動をして下さい」

ファーをやめて、思いやりを身に着けよう。

思いやりのあるあなたが美しい・・・「心の美しさ」も表現できる「オシャレさん」が増えますように。
BTP0lUmCYAAPZnQ.jpg

杉本彩さん、きれいですよね。
確かに美人さんだけど、「見た目」だけじゃないと私は思います。


今年こそは・・・「心の美しさ」を大切にしたオシャレさんが増えますように。
毛皮ファッションが店頭や街から消えますように。

そして・・・動物たちへの暴力が終焉を迎えますように。


辛辣になりましたが、

「本年もよろしくお願い致します。」


管理人 西村ロべルタ
BZlt04GCIAAEFOh.jpg
プロフィール

西村ロベルタ

Author:西村ロベルタ
毛皮、動物実験、娯楽の為の動物利用、殺処分など、この世は関心を持たなければ分からない事がたくさんあります。「いつもの視点」を少し変えてみて下さい。
菜食主義者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
PR
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR