ウチのオカンは毛皮反対、反捕鯨、イルカ猟反対!

度々、Twitterの私のツイートにも登場する、「ウチのオカン」

うーん、どんな人なんやろ??

って思ってしまった人もおられるかも・・・で、またまた「本命記事」じゃないですけど、ちょっと今日はこちらに言及してみたいと思います。

私がTwitter上で、「最近、アニマルライツ度が高い」なんて時々、つぶやいてる「オカン」の簡単なプロフィールをまず。

当たり前なんですが、「女性」です。( 笑 )
昭和20年代前半生まれ、「団塊世代」と言われる世代です。
生まれも育ちも関西、クソオヤジこと「ウチのオトン」とは、20歳の時に結婚しました。
「一人っ子」だったので、オトンは「婿養子」なんです。
だから、他の主婦の人みたいに、
「実家に帰らせていただきます。」
っていうセリフ、言ってみたくて仕方がない時期があったそうです。
私が生まれる前、オトンと大阪で同棲していたこともあり、
その影響なのか、「口が悪い」です。( 笑 )

「年金受給者」となった今、それまでからいろんな病気もしたし、
「トシ取ったなぁ・・・」
って思うんですが、「気持ち」は若いところもあって、私のほうがビックリすることも。。

ほんと、オトンが「自己中」だから、私にとっての「理解者」のひとり、
オカンには、ほんま、感謝しています。

私が「アニマルライツ」を知ってから、動物問題についても話すようになりました。
私がインターネットで知ったことを、ネットができないオカンに話したり、
まぁ、まだ「画像」はキツイらしいので、「言葉」で伝えています。

オシャレが大好きで、洋服の販売もしていたオカン、
でも、実は「毛皮反対」なんです。

働いていたお店は、「自分の店」ではなかったから、売り場から完全に毛皮製品をなくすことは出来なかったけど、
「これ、今の流行ですよー」
なんて、問屋に「ミンクのマフラー」をいくつかプレゼントされたこともあり・・・

勿論、毛皮反対、いくら「流行」でも身につけて店頭に出れば、誰かが「同じ商品」を買ってしまうかもしれないからね、
当時、「愚か者」だった私の元に、ミンクのマフラーはやって来たのでした。。

「可愛いものなら、なんでもOK!」なんて思っていた私は、
そのミンクのマフラーを喜々として身に着けていたっけ・・・
ほんま、今思うと、かなりゾッとする話ですが・・・

何度も何度も、このブログで言及してきたように、私は「毛皮」がきっかけでアニマルライツを知りました。

http://www.arcj.org/

上に貼ったリンクね、そこにアクセスして知りました。
泣きながら、サイト内に貼られてた動画を見ました。

「経緯」については、下のリンクへ・・・私の過去の記事です。

http://avivamento105.com/blog-entry-3.html

もうね、「毛皮なんて、廃止しろーーー!!!」
って思いました。

・・・で、ある時、オカンとファッションの話から「毛皮問題」に話がシフトして、

「もう、だめ・・・毛皮って可哀想すぎる・・・あかん。。」

って言う私に、オカンは即、

「えーーー?!私なんか、ずっと前から毛皮は嫌だったよー」

え??そうやったん?
じゃぁ、なんで、ミンクのマフラーを私にくれたん?

「あ、あれね、私はキライやから、あんたなら大丈夫やろ、と思って」

ふーーん・・・「大丈夫」か・・・って、大丈夫じゃなくなったし!!
・・・って言うか、「毛皮反対」やねんったら、もっと「正直に」言ってくれたらよかってん。
なんか、「本音」を言うたら「あかんこと」でもあるんかいな?
「世代の差」ってやつか?

それ以来、オカンはテレビの芸能人が「総毛皮のコート」着てたりすると・・・
「もうーーー!!毛皮をやめろーーーっ!!!」
叫ぶ・・・

一緒に買い物に行って、毛皮製品を発見すると・・・
「わ・・・これは・・・あかん・・・」
眉をひそめて呟く・・・

そして、ある時、テレビ通販で、「ミンクファーの大判ストール」を放送してるのを見たオカンは・・・

「ちょっとーー!!パソコン持ってこっちに来てーー!!」

「命令」の通り、パソコンを立ち上げるや、

「あの通販のサイトに入って意見するんや!毛皮を売ってる!」

インターネットが出来ないオカンは、各種通販への注文から何かの予約まで私がインターネットをするのに「便乗」しているんだけど、え??「意見する」???

なんだか、どっちが活動家だかわけがわからなくなりながらも、私も「意見すべき」だったので、
意見しました。

数日後、「定型文のコピペ」のような「返事」がきたけど。。

「KTVなんぼでなんぼ」とかいう通販です。多分、これで検索かけたら出てくると思います。
冬場、毛皮製品をテレビで宣伝しますからね。
今度の冬も販売してたら、今度はもっとキツーく意見しますよ。

オカン、アニマルライツ度が高いw


話題を変えます。

捕鯨、イルカ猟の問題。

今日、そうです、今日の夕食後のこと。
オカンが言った・・・

「だいたい、日本はイルカを殺したり、調査捕鯨とか言い訳して鯨を殺すの、やめんとあかん!!国際批判やで、国際批判!!」

またまたビックリ・・・

「イルカって、かわいいやん。クジラも食べ物なんかじゃないで。だいたい、他の国が、したらあかん、っていうことはすぐにやめへんかったら、外交問題もうまいこといかへんわ」

オカン・・・「お笑い番組」の信者かと思ったら、わーーー!

イルカやクジラにも関心を持ってくれてることにビックリ嬉しい気持ちになった。
だから、私も「知ってる限りのこと」を話した。

「追い込み漁」って知ってる?湾内に追い込んで、寄ってたかって殺すんやで。
海は血で真っ赤になるんや。更に、イルカは捕まえられて水族館に売られたり、とか。。
太地町で漁が解禁になる時なんか、日本人だけやない、外国の活動家も滞在して抗議活動するんや。
それだけ「国際批判」になってるんやで。

まぁ、上の言い方は、口下手な私のことやから、きちんと伝わってるかな?だけど。。

オカンはオカンなりに、「関心」を持ってくれてるようで・・・
普通、オカンの世代って、「自分がよかったら」の人、多いよ、私が知る範囲で。。

ほんまは、画像や動画、更には「アースリングス」なんかもみてもらいたいんだけど、
本人いわく、「画像はキツイ」ということなんで、
「拒否反応」を出さないレベルで、押しつけにならないように「小出し」で伝えていこうと思います。


あなたのコートのビフォーアフター
オカンが「毛皮おばさん」にならなくてよかった・・・
BamSdZ_CMAA150n.jpg
「私の毛皮よ。返して!!」

「人様のものをとったらあかん」って、オカンはよく言うてました。
毛皮は動物たちのもの、人間がとったらあかんのです。。


「関西圏以外」のかたへ。
関西弁が多くなってしまい、読みづらかったと思います。すみません。。
Twitterでも、そうなんですが、「心からの言葉」に、どうも標準語は苦手で・・・
標準語、話せるのに、書けないんです(普通は逆)
「わかりやすく、親しみやすく」していく所存です。




プロフィール

西村ロベルタ

Author:西村ロベルタ
毛皮、動物実験、娯楽の為の動物利用、殺処分など、この世は関心を持たなければ分からない事がたくさんあります。「いつもの視点」を少し変えてみて下さい。
菜食主義者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
PR
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR