FC2ブログ

私の質問箱へ中傷を書き込んだ方へ

西村ロベルタです。


ツイッタランドの自己破産の人です。


Twitterをされてる人たちはご存知だと思うのですが、「匿名で質問ができる質問箱」というのがあります。
質問をもらったら答えを書いてTwitterに自動でツイートできる仕組みになっています。
この質問箱、匿名なのをいいことに、他のフォロワーさんの質問箱にもかなり失礼な事が書き込まれる、ということが多いそうです。
「やってみようかな?」と思っても、悪質な書き込みがなされた時のストレスを考えて結局やらない人も多いんではないでしょうか。


先日、私の質問箱に「自己破産は自分がだらしないだけ。みっともない」という書き込みがなされて、いよいよアンチが来たな、と思いました。
まあ、メンタルがそこそこ強い人なら無視するなり放置するなりしてそこまで気にしないように出来るのかもしれないけど、私はこのブログにも何度も書いているように、「精神疾患持ち」なせいもあって、かなり落ち込みました。
自己破産が「胸を張って言えること」ではないのは百も承知です。
勿論、自分の至らなさが招いた結果、というのは痛いほど当事者としては感じているんです。


人間には「イマジネーション」という能力というか、「自分ならどう思うか」を考えることが出来る能力がある「はず」なんです。
まあ、私は性善説は否定していますが、だからと言って「世の中全ての人が悪人だ」とは思っていません。
現実世界、特に販売業に就いている人ならわかると思うのですが、最近、モラルの低さの目立つお客さんが増えていて、暴言を吐かれたり訳のわからないクレームをされたりして辟易する、という場面が増加しているように思います。
私自身も販売業です。そして、Twitterのフォロワーさんの中にはスーパーやドラッグストアの店員さんのアカウントも多いので、タイムラインに吐かれた「毒」を見るたびに「みんな苦労してるんだ」と思っています。


ネットの世界はどうでしょうか?
ネットの世界はその匿名性も手伝って、かなり失礼な事をリプライしたり書き込む事例が多いと感じています。
(じつはネットは「匿名」ではないことを認識しましょうね。あまりにもひどい誹謗中傷の被害を受けた場合、弁護士さんとかに相談して発信者情報開示ができるのですよ)
ついこの前も、有名人(私はこの辺が疎くてわからない)がネットの誹謗中傷で自ら命を絶ってしまわれましたね…
あと、芸能人の公式ブログに中傷コメントを書き込んだ人が発信者情報開示で身元を割り出されて逮捕される、というのもありました。


話を戻して…
自己破産はそんなにみっともなくてだらしないことなんでしょうか?
確かに、そんな目に遭わない生活をすることはとても大事です。
でも、世の中、「止むに止まれず」の負債を背負い、返済不可能になってやむなく自己破産をされる人も多いです。
あと、生活保護受給の際、借金がある場合は自己破産をするように指導が入ります。(80万ぐらいでも破産は認められるそうです、この場合)
生活保護はあくまでも「生活のため」のものだから、借金の返済は範疇には入らないのです。そして、もしも、借金返済をしていたことがバレたら、最悪の場合、保護打ち切りをされてしまうんです。
そういう場合でも「みっともない」のですか?


或いは、自分の家族や大切な友達が多額の借金に苦しんでいて、とても疲弊していて、とうとう自分の命を天秤にかけるレベルまで悩んでいたとしたら…


「自己破産なんてみっともない!」
「自己破産なんて、自分がだらしないからよ!」


なんて言えるのですか?


若しくは「あなた自身」がその状況下にあって、「人間の暮らし」もままならない状態だったとして、


「自己破産だなんてみっともないこと、出来るもんですか!自分がだらしないだけでしょ!」


って言うのですか?


さぞかし、「失敗しない人生」を歩んで来られたのですね。
自己破産を否定する人は「自分がその目に遭っていない」ゆえにわかりませんものね。
人間という生き物は、自らが経験しないとわからないことが多数存在します。
あなたも「そういう生き物」なんですよ。
人生は成功よりも失敗から学ぶことが多いんですよ。
勿論、私自身も自己破産をすることになって、「学んだこと」は数知れずですよ。


・安易に借入をしないこと
・欲しいものが高価な場合は貯金をして
・自分の収支の現実を直視する
・買い物をする時、それが本当に自分に必要な物なのかをよく考える
・病気で働けなくなった時の事などを考えて、普段から貯金をする
・何よりも「身の丈に合った生活」を心がける


などなど、ほんとに色々ね。


そして、「破産をする」ということは、「私を信用してお金を貸してくださった債権者に迷惑をかける」ということも。
よく聞く「自己破産は借金踏み倒し」のフレーズね。私はそれは違うと思うよ。
本当の「踏み倒し」は、債権者に連絡もせず、返済もせず、音信不通になって夜逃げして…だと思うよ。


誤解のないように書くなら、私は「安易な自己破産は勧めない」よ。まずは弁護士さん(司法書士さん)に相談して、任意整理や個人再生でなんとかならないかを考えるのが第一じゃないかな?
私も最初は任意整理で受任してもらったよ。
だけど、債権調査の結果、任意整理は現実的ではないから、と自己破産を弁護士さんに勧められた。(まあ、自己破産は破産手続開始決定と同時に職業制限がかかる職業があるので、もしも私がそういう職業なら弁護士さんは私に個人再生をさせるつもりだったらしいけどね)
勿論、こんなことになってしまったことは十分に反省してるし、悔いているんです。
ツイッタランドに破産ネタばかりツイートしてるからどうなの?って思われたかもしれないけどね。
別に自分を正当化しているわけでもないよ。


何度も訴求してることだけど、私は「借金苦で自死や犯罪をする人が居てはならない」と思っているから、「こういう法的な手段がありますよ」ってことで書いてるだけで、自己破産は犯罪じゃないんだよ。「破産法」っていう法律が定める「救済策」であり、「地方裁判所へ申立をする、口頭弁論なしで開始できる裁判手続き」なんだよ。


自己破産者に対する差別のせいで、せっかくの救済策を躊躇する人がいたとすれば、誹謗中傷する人が存在するからだろうね。


正直言って、とても残念です。
もう少し、ネットリテラシーを身につけることを強くお勧めします。


***********


私はかつて、動物愛護やアニマルライツの発信者でした。しかし、そこには今回の自己破産とは比べ物にならないレベルでアンチが中傷コメントを入れてきました。とてもストレスだったのを覚えています。
Twitterでも「ツッコミどころ」を探すために、「悪意のフォロー」をされてはブロックすることが多発していました。
いろいろとワケあって、今は活動からは身を引いていますが、活動を続けておられる人達を否定するつもりはありません。


「一定の訴求力」を持つ人を貶めるのは、余程の暇人なのか、或いは、他者を貶めるのが生き甲斐な残念な人なんでしょうね。或いは、自らにこれといって信念や訴求する事がないのでしょうか?


気に入らないなら、心の中に留めて、外見上はスルーしてくださればいいんです。


もしも自分がされたら…


イマジネーションを働かせてくださいね。





プロフィール

西村ロベルタ

Author:西村ロベルタ
毛皮、動物実験、娯楽の為の動物利用、殺処分など、この世は関心を持たなければ分からない事がたくさんあります。「いつもの視点」を少し変えてみて下さい。
菜食主義者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR