FC2ブログ

官報に掲載、第2回全国デビューをしたよ

西村ロベルタです。


ツイッタランドの自己破産の人です。


更新遅くなりました。
もうね、引っ越しのドタバタ、引っ越しに伴う役所の手続きなんかでただでさえマルチタスクがパニックになってしまう原因な西村には「無理ゲー」寸前で、ブログは放置せざるを得ない状況でした。
引っ越した経緯については後日、記事に出来るかな?


はい。


先日…といっても8月も後半に差し掛かる頃、無事に免責許可決定がおりたことは一個前の記事に書きました。
本日は「官報掲載」という、自己破産や個人再生をした人には避けて通れない「全国デビュー」のお話を書いていくよ。


破産手続開始決定の時もそうだったんだけど、じつは自己破産をすると「官報」という国が発行している機関紙ってか、新聞みたいなやつに2回も載らないといけないんだよね。この官報掲載は「有料」で、申立の時に裁判所へ払うんです。しかも、とても「お安い」とは言えない金額…(裁判所のサイトで調べたら、自己破産の官報掲載費用は同時廃止が1万二千円くらい、管財事件が1万五千円くらいでした。法人は免責がないので1万4千円くらい)


8月19日に免責許可決定がおりて、そろそろ2週間くらい…って時にインターネット版でずーっと自分を探しておりました。
が!
破産手続開始決定と違って、「載ってるはず」の日付の官報には西村の免責許可決定が載ってなくて…
官報は平日オンリーの発行だから、週明けにまたまたアクセスしてみたら…
ありました!


破産手続開始決定の時は「債務者」だったのに、今回は「破産者」という……
ゲームで言ったらレベルアップ?
まあ、官報掲載の前に法律事務所の人から連絡はもらってたし、まさか法律事務所の人が嘘をつくはずないからね。でも、これを見て西村の免責許可決定は「確固たるもの」になった感じだよ。
個人情報云々とか言ってる時代に「真逆」をいく官報掲載…
伏せてある部分は全て個人情報です。
この「情報」を見て、闇金業者が「ウチならお金を貸すよ~~」なダイレクトメールを郵送してくることがあるのですが、何度も言うけど絶対ダメですからね。自己破産をした意味はなくなるわ、人生リスタートどころか強制終了しますから、郵送されてきたインビテーション(お誘い)は捨ててくださいね。


闇金ダメ!絶対ダメ!


はい。


前にも書いたかも、だけど、じつはこれだけではまだ自己破産は終わりではないんです。
「確定と復権」というのがあります。
これもね、いろんな債務整理関連のサイトを見てるとタイミングが微妙なんだ。


・免責許可決定日から1ヶ月後
・官報掲載の翌日から数えて2週間


ほんとにいろいろ書いてて迷う…
まあ、官報掲載日に多少のズレがあったりしますからね、西村的には「官報掲載日から数えて2週間」で確定と復権を果たすのだと思ってるよ。


この「確定と復権」は裁判所からお知らせされるわけではないんです。
自分が委任契約している弁護士さんから「免責確定証明書」をもらって契約解除になる人はそれを待っててね。
西村の場合は「頼めば免責確定証明書を申請して送ってくれる」という事務所だから、免責許可決定のお知らせが来た時に事務の人に頼んだよ。(印紙代150円がかかります)
免責許可決定通知書はもれなく破産者の皆さまで免責のおりた人には弁護士さん経由でくれるけどね。
じつは、「免責許可決定」だけではまだ「仮」なんです。
まあ、あってはならないことだけど、緊急小口貸付金とかの福祉制度の利用の際に
「免責確定していること」(自己破産)
「再生計画認可がされていること」(個人再生)
ってな条件があってですね、そういう時の「証明書」になってくれるのが免責許可決定確定証明書なんです。


あと、これはちょっと難しい話なんだけど、大抵の債務整理経験者の人は「喪明け」の頃に個人信用情報の開示請求をすると思うんだよね。
その時に、稀に債権者が「成約残し」をすることがあるんです。「まだ取引があるんだけど滞納中よ」な「足跡」を残したままにされてしまうんですよね。これがあると、本来ならもう「喪明け」してるはずが、まだ成仏してない幽霊みたいにずっと「ブラックの呪い」が残ってしまうんだ。
んで、免責確定証明書の出番。
個人信用情報の機関に
「免責許可確定してますからこの情報を消してください」
ってお願いする「最強のアイテム」になるわけです。はい。
西村のTwitterのフォロワーさんで借金アカウントの人も言ってたけど、債務整理をした人は「もう喪明けだな」って時に一度、個人信用情報の開示請求をされることをお勧めします。
5年経てばOKのようです。(全銀連だけは10年)
「異動」ってのが消えてたらOKなわけだからね。
でも、それだと「スーパーホワイト」で逆に審査落ちするんだそうな。だってなんの取引もない状態なわけでしょ?
黒でも白でもダメなクレヒス…
めでたく喪明けしてたら、先ずは携帯電話の分割払いでの購入などで「クレヒス作り」をしましょう。
(この「喪明け」のタイミングも「いつから5年よ?」なんだけどね。自己破産の場合は免責許可から5年なのかな?)


西村はまだこれからなので、とりあえず、不測の事態に備えて「メンタル死亡保険」(つまり貯金)を掛けています。敢えてキャッシュカードを作っていない口座が一個あるからね。そこへ毎月「掛金」を入れていきます。
ボーナスがもらえる人なら一気に「保険金」を増やせますね。
西村の場合は「寸志」だからそんなに増やせないのが悔しいけど。まあ、たとえ数万円でも落ちてるわけではないからね、ボーナスをもらう正社員の人を横目に、寸志をまるっとメンタル死亡保険へ入金です。


自己破産の準備中の人へ。(個人再生の人も共通するところが多いので参考にしてね)
「お金に関すること」は全て弁護士さんに申告してください。
代表的なもの
・養育費や慰謝料を受け取っていること
・休眠口座の存在(通帳が手元にあるなら提出してね)
・書籍の印税
・自分でも完全忘却していたFXの口座に入金されてた、或いは口座の存在
・不動産の登記がどうなってんのかわからない
・直近数ヶ月前の20万円以上の出費
・利益は出ないに等しいけど作品販売サイトを運営している
・アフィリエイト収入の有無
・有価証券の有無
・相続財産の有無
・租税滞納(どういう税金をどれだけの金額滞納してるか)
他にも色々。


隠し事はいけません。一応、弁護士さんは調査するんですよ。あの調査能力を侮ってはいけません。破産管財人はそうやって破産者の財産を調べ上げるんです。弁護士先生、すごい。
私の実家の登記簿もいつのまにか取得してたし。(これは「申立人のものではない」という証明に使用しました)


Twitterでも質問があればDMでもリプライでもくださいね。答えられるものには答えていきたいと思います。


西村も思った。
Twitterの借金アカウントの人たちはなぜか優しい。


自己破産って怖いですよね。
でも大丈夫ですからね。その「不安」に寄り添いたい。(どっかのキャッチコピーみたいw)
手続きもリスタートも、頑張りましょうね、お互い。

プロフィール

西村ロベルタ

Author:西村ロベルタ
毛皮、動物実験、娯楽の為の動物利用、殺処分など、この世は関心を持たなければ分からない事がたくさんあります。「いつもの視点」を少し変えてみて下さい。
菜食主義者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR